本朝廿四孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
八重垣姫から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
楊洲周延画「竹のひと節 本朝廿四孝 狐火」

本朝廿四孝』(ほんちょうにじゅうしこう)は、浄瑠璃及び歌舞伎の演目のひとつ。全五段の時代物。明和3年(1766年)1月14日より大坂竹本座にて初演。近松半二三好松洛らの合作。角書に「武田信玄長尾謙信」。通称「廿四孝」。

概要[編集]

甲陽軍鑑」の長尾家武田家の争いに取材し、長尾家の八重垣姫と武田家の勝頼を許嫁にし、斎藤道三の陰謀や山本勘助の活躍をからめ、諏訪湖を渡る霊狐伝説や中国の二十四孝故事なども織り交ぜた複雑な筋書をもつ[1][2]近松門左衛門の『信州川中島合戦』(1721年8月竹本座初演)などを参考にしている[1]。3段「勘助住家」,4段「謙信館 (十種香・奥庭) 」が有名[2]

諏訪法性兜と八重垣姫

勝頼の恋人として創作された八重垣姫は、「祇園祭礼信仰記」の雪姫、「鎌倉三代記」の時姫と並んで「三姫」としてつとに知られる[1]。八重垣姫が勝頼に危険を知らせようと祈りを捧げる「法性の兜」は現存しており、諏訪湖博物館に複製品が展示されている[3]

あらすじ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 本朝廿四孝『文楽浄瑠璃物語』竹本住太夫 著 (正文館書店, 1943)
  2. ^ a b 本朝廿四孝 - コトバンク
  3. ^ 諏訪法性の兜 - 歌舞伎用語案内

外部リンク[編集]