八神峰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
剣ヶ峰山頂より見た八神峰と大内院(2012年9月撮影)

八神峰(はっしんぽう)は、富士山頂にある8つの峰の総称。

概要[編集]

八神峰の他にも「富士八峰」や、仏教でいう八葉蓮華から由来した「八葉」という名称で呼ばれることもある[1]

噴火口(大内院)の縁を形成する峰のうち顕著に高い頂きにそれぞれ命名されている。これら各峰は仏教関連の名称より由来していたが、神仏分離令により名称が変更された。多くは明治7年(1847年)に改称されており[2]、このため同じ峰でも複数の呼称が存在している。 中でも剣ヶ峰は日本最高峰として代表的な存在である。

富士山の絵画で見られる山頂部の突起の描写はこの八神峰である。

八神峰一覧[編集]

山容 名称 標高(m)
Hasshinpo of Mt.Fuji 06.jpg 剣ヶ峰 3,776 二等三角点「富士山」が設置
Hasshinpo of Mt.Fuji 30.jpg 白山岳(釈迦ヶ岳) 3,756 二等三角点「富士白山」が設置
Hasshinpo of Mt.Fuji 16.jpg 久須志岳(薬師ヶ岳) 3,725
Hasshinpo of Mt.Fuji 31.jpg 大日岳(朝日岳) 3,735
Hasshinpo of Mt.Fuji 09.jpg 伊豆岳(観音岳・阿弥陀岳) 3,749
Hasshinpo of Mt.Fuji 15.jpg 成就岳(勢至ヶ岳・経ヶ岳) 3,733
Hasshinpo of Mt.Fuji 19.jpg 駒ケ岳(浅間ヶ岳) 3,722
Hasshinpo of Mt.Fuji 19.jpg 三島岳(文殊ヶ岳) 3,734

(国土地理院の調査より[1])

八神峰周辺[編集]

八神峰周辺には霊場と考えられている箇所が多数存在する。

  • 金明水・銀明水
山頂にある古くからある出水口で、雪解け水が溶岩からでている。信仰の対象として見られ、祠が祀られている。[3]

ギャラリー[編集]

成就岳方面から見た剣ヶ峰
三島岳付近から見た剣ヶ峰
駒ケ岳方面から見た白山岳

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 国土地理院
  2. ^ 「富士山中山名改称ノ儀伺書」『山梨県史』資料編十六近現代三に掲載
  3. ^ 富士山NET