八王子市民球場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
八王子市民球場
(ダイワハウススタジアム八王子)
Dスタ
Hachioji Kyujo1.jpg八王子市民球場
(2009年5月23日撮影)
施設データ
正式名称 富士森公園野球場
所在地 東京都八王子市台町2-2
(富士森公園内)
開場 1956年7月1日
拡張 2012年3月30日
所有者 八王子市
スコアボード 磁気反転式
照明 照明塔
使用チーム • 開催試合
全国高等学校野球選手権西東京大会東都大学準硬式野球連盟
収容能力
11,289人(内野3,126人、外野8,163人)
グラウンドデータ
球場規模 両翼:98 m
(2011年までは91 m)
中堅:122 m

八王子市民球場(はちおうじしみんきゅうじょう)は、東京都八王子市にある野球場。緑豊かな富士森公園内にあり、ナイター施設や放送設備を有し、硬式野球もできる野球場である。高校野球の予選(西東京大会)、プロ野球イースタン・リーグで使用されるほか、東都大学準硬式野球連盟のリーグ戦を中心に大学準硬式野球の試合も多く行われる。

歴史[編集]

1956年開設。同年7月25日にはプロ野球公式戦・巨人大洋戦が開催され、延長12回4-5で巨人が敗れている。

1989年に発売されたUNICORNのシングル「デーゲーム」(「坂上二郎とユニコーン」名義)のPVの舞台として使われた。

2016年3月、大和ハウス工業南多摩支店が命名権を取得。同年6月1日より5年間(年300万円)の契約期間で、名称については公募で決定されることになり[1]、結果「ダイワハウススタジアム八王子」(通称「Dスタ」)と発表された[2]

2020年には第102回全国高等学校野球選手権大会阪神甲子園球場)が開催中止になったことにより、本球場にて東京都高等学校野球連盟主催による独自大会『2020年夏季東西東京都高等学校野球大会』の西東京大会の予選と決勝戦が開催され、さらに西東京大会優勝校 対 東東京大会優勝校による対抗戦が実施される[3]

施設概要[編集]

  • 両翼:98 m(2011年までは91 m)中堅:122 m
  • 収容人員:11,289人(内野3,126人、外野8,163人)
  • 照明設備:あり
  • スコアボード:磁気反転式(高さ16メートル・横幅22メートル[4])2009年4月1日より使用開始
2008年までスコアボードは手書き式で表示スペースも小さく老朽化していたが改修された。
かつて八王子市のホームページでは収容人員が12,696人(内野3,126人、外野9,570人)と表記されていた。

交通[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 【命名権】大和ハウスが富士森公園野球場(八王子市民球場)のネーミングライツ取得&愛称公募! - Sports Bussiness Info(スマートスポーツエンタテイメント)、2016年3月23日
  2. ^ 富士森公園野球場(八王子市民球場)の愛称決定 ~ダイワハウススタジアム八王子~
  3. ^ "東京)高校野球独自大会の日程決定 東西決戦8月10日". 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. 13 June 2020. 2020年8月8日閲覧
  4. ^ 平成20年度第14回定例会 八王子市教育委員会会議録 19ページ目

関連項目[編集]

外部リンク[編集]