八条隆祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
八条隆祐
時代 江戸時代末期-明治時代
生誕 寛政7年1月7日1795年2月25日
死没 明治5年5月24日1872年6月29日[1]
官位 正二位権大納言
主君 光格天皇仁孝天皇孝明天皇明治天皇
氏族 八条家
父母 父:八条隆礼、母:家女房
兄弟 妙海院、心香院、隆祐
西四辻公尹の娘
隆声、愛姫、祐子
テンプレートを表示

八条 隆祐(はちじょう たかさち / たかよし)は、幕末から明治期の公卿孝明天皇諡号の勘申者[2]

父は参議八条隆礼[1]。妻は左近衛権中将西四辻公尹の長女[3]・愛姫。子は八条隆声[1]

経歴[編集]

安政5年3月1858年)、日米修好通商条約締結の勅許案を巡り、中山忠能大炊御門家信広幡忠礼四辻公績正親町三条実愛正親町実徳三条西季知日野資宗庭田重胤中院通富橋本実麗野宮定功と共に、案文の変更を求めた[4][注 1]

慶応4年4月21日1868年6月11日)権大納言に任ぜられ、翌日に辞退している[1]

年譜[編集]

著作物[編集]

系譜[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『明治維新人名辞典』786頁では、安政勤王八十八廷臣の一人とされているが、東京大学史料編纂所ホームページ「維新史料綱要データベース」では該当しない。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 『公家事典』608頁。
  2. ^ 『明治維新人名辞典』786頁。
  3. ^ 『平成新修旧華族家系大成』下巻、363頁。
  4. ^ 東京大学史料編纂所ホームページ「維新史料綱要データベース」。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]