八木誠 (実業家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

八木 誠(やぎ まこと、1949年10月13日 - )は、日本実業家。元関西電力代表取締役会長である。また、非常勤で関西経済連合会2025年日本国際博覧会担当副会長や、電源地域振興センターの会長、日本動力協会の副会長、日本原子力発電の取締役などを務め、原子力発電環境整備機構の評議員にもなっている。大阪府高槻市在住。

経歴[編集]

福岡市出身。福岡県立修猷館高等学校を経て、1972年3月京都大学工学部電気工学科卒業。修猷館の同期には、大陽日酸代表取締役会長吉村章太郎大阪証券取引所社長を務めた米田道生がいる。1972年4月、関西電力入社。工務部課長、工務部送変電課長、大阪メディアポート出向、支配人中央送変電システム建設所事務所長、支配人電力システム事業本部副事業本部長などを歴任。

2005年6月、取締役電力システム事業本部副事業本部長。2006年6月、常務取締役原子力事業本部長代理2009年6月、取締役副社長原子力事業本部長。2010年6月、取締役社長[1][2]。2016年6月、取締役会長に就任。批判を受け2019年10月9日の臨時取締役会で退任し[3][4][5][6]嘱託に就任した[7]

2011年4月15日電気事業連合会会長に就任した[8]。同年、国際超電導産業技術研究センターの理事(非常勤)[9]および原子力発電環境整備機構の評議員[10]に就任した。2012年6月に日本原子力発電の取締役(非常勤)に就任した[11]。2016年6月28日に電気事業連合会の会長を退任し後任に中部電力勝野哲社長を選出[12]。2017年7月4日より日本生命保険取締役を務めている。

2017年関西経済連合会万博推進担当副会長に就任[13][14]。関西電力から2025年日本国際博覧会に多額の資金提供を行う意向を示し、松本正義関西経済連合会会長の後任候補とされたが、後述の原発マネーに絡む金銭受領問題を受け、この人事は立ち消えとなった[15][16][17]

金銭受領問題[編集]

財務省国税庁金沢国税局税務調査で、2011年から2018年にかけて、高浜原子力発電所がある福井県大飯郡高浜町森山栄治助役から、八木や、岩根茂樹社長、豊松秀己副社長、森中郁雄副社長らが、「原発マネー」とおぼしき3億2千万円を受け取っていたことが明らかになり、小林敬大阪地方検察庁検事正が委員長を務めた調査委員会の調査を受け、報酬減額の処分を受けた[18][19][20]。 

これを受けて記者会見菅原一秀経済産業大臣は、「言語道断。ゆゆしき事態だ」と断じた[21]更田豊志原子力規制委員会委員長は、「まだそんなことがあるのか」「憤りを感じた」とし、関西電力の対応を批判した[22]龍谷大学大島堅一教授は、記者会見での八木の対応に関し「答えづらい質問には同じ発言を繰り返すなど、原発という安全への注意が最も必要とされる公益事業の経営者として失格だと感じた」と評した[23]

関西電力幹部に流れた「原発マネー」の拠出元となった建設会社の売上高は無入札による特命発注などによる原発関連工事の受注増により少なくとも6倍増となったものの、取材に答えた八木会長は「便宜は図っていない」と釈明した[24][25][26]。また「原子力事業を上手にやっていくには、地元にお金を落とすのが大事」と電力会社経営の要諦を講釈した[27]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 関西電力経歴書
  2. ^ 「関西電力、住宅オール電化を推進 八木誠社長が抱負」 サンケイビズ、2011年1月6日-2011年7月15日閲覧
  3. ^ 「関電、八木会長の辞任を決定 社長は第三者委の報告後」河内新報2019年10月09日水曜日
  4. ^ 関電・八木会長辞任へ、岩根社長は調査終了後で調整2019/10/9 0:25日本経済新聞
  5. ^ 「関電・八木会長、引責辞任へ 金品受領問題で」産経新聞2019.10.9 01:14
  6. ^ 「関電・八木会長ら2人が辞任の意向を固める」日テレNEWS24
  7. ^ 「関電会長、辞任後も嘱託として調査に協力…社長は結果報告日に辞任」読売新聞2019/10/09 15:24
  8. ^ 「関電社長、逆風下の電事連会長就任 問われる原発の説明」 朝日新聞、2011年4月16日-2011年7月15日閲覧
  9. ^ 役員名簿 国際超伝導産業技術研究センター、2011年10月1日発表
  10. ^ 評議員の変更について 原子力発電環境整備機構、2012年12月12日更新
  11. ^ 役員一覧 日本原子力発電株式会社、2012年6月29日更新
  12. ^ 電事連会長 交代会見要旨ー2016年6月10日電気事業連合会
  13. ^ 関経連、副会長にJR西・真鍋氏ら発表 万博・交通網整備に力日本経済新聞2017/5/9 6:00
  14. ^ 2025年大阪万博の推進担当に4人の副会長任命 関経連産経WEST2017.7.18 19:54
  15. ^ 関経連会長案立ち消え 関電会長、自粛不可避 金品受領問題で産経新聞2019.9.30 11:12
  16. ^ 「関電会長、関経連会長案立ち消え金品受領問題で、自粛不可避」佐賀新聞10:30(共同通信)
  17. ^ 「関西電力会長の関経連会長就任「現状では推せない」 関経連関係者が認識」2019/9/30 10:55日本経済新聞
  18. ^ 「関電20人、3.2億円受領 原発マネー「還流認識ない」」東京新聞2019年9月27日 夕刊
  19. ^ 「関電会長らに1億8千万円 「原発マネー」還流か 元高浜町助役から6人 (1/2ページ)」産経新聞2019.9.27 07:10
  20. ^ 原発再稼働切迫で関係悪化恐れるNHK10月02日 08時48分
  21. ^ 経産相「言語道断」 関電の資金授受問題 - 毎日新聞
  22. ^ 原子力規制委員長「憤り」、金品受領問題で関電批判日本経済新聞 2019年10月2日 15:40
  23. ^ 関電問題 ヒアリングするか検討 原子力規制委NHK
  24. ^ 「森山元助役が「顧問」の建設会社に…関電が入札せず「特命発注」」読売新聞2019/10/03 13:39
  25. ^ 元助役“資金源”の会社 関電から15億円工事受注かテレビ朝日2019/09/30 11:55
  26. ^ 「原発関連工事で売上高6倍 関電から受注 建設会社」東京新聞2019年9月28日 夕刊
  27. ^ 関電の原発工事で売り上げ6倍 元助役が関わる会社テレビ朝日2019/09/29 19:03

外部リンク[編集]


先代:
森詳介
関西電力社長
2010年 - 2016年
次代:
岩根茂樹
先代:
森本浩志
関西電力原子力事業本部長
2009年 - 2010年
次代:
豊松秀己