八木明人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

八木 明人(やぎ あきひと、1977年4月5日 - )は、沖縄県出身の空手家。国際明武館剛柔流空手道連盟会長・明武舘舘長。教士八段(剛柔流)。

人物・略歴[編集]

  • 沖縄県那覇市出身。
  • 幼少の頃より祖父・八木明徳及び父・明達を師とし、空手の修行をする。
  • 沖縄県立小禄高等学校では、空手部に在籍し、キャプテンを務め見事部を優勝に導いている。卒業後も競技大会に積極的に参加。
  • 2007年、30歳で明武舘舘長に就任。また同年には映画『黒帯 KURO-OBI』で主演の義龍役を務め、脚光を浴びる[1]
  • 現在は、沖縄の本部道場をはじめカナダ・アメリカ・ヨーロッパなど、世界約30ヶ国・約100支部で門下生の指導にあたっている。
  • 一方で、映画やCMなどにも出演。また、ロックバンド『琉球FREESTYLE』のボーカル、「ROMEO」としても活動[2]ロカビリールーツにした激しいロック・スタイルは地元沖縄を飛び出し、様々な分野で活躍の幅を広げている。
  • 2016年より、八木明人を代表者とする東京本部を新宿に開設。沖縄伝統空手に関するセミナーを開催している。

映画出演[編集]

関連人物[編集]

  • 長崎俊一(映画『黒帯 KURO-OBI』で監督を務めた)
  • 中達也(映画『黒帯 KURO-OBI』に出演、大観役を演じた)
  • 西冬彦(映画『ハイキック・ガール!』で監督を務めた)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]