八戸小唄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

八戸小唄(はちのへこうた)とは、青森県八戸市に伝わる新民謡

概要[編集]

八戸小唄は、1931年(昭和6年)に当時市長であった神田重雄の呼びかけで作られた民謡である。

当時、八戸鮫港の築港完成を祝って作られ、大変人気の民謡になり替え歌までも登場したという。南部民謡のひとつとなり、全国的に広まったとされる。今も八戸市内の神社祭りなどで流されている。

ジャンルとしては、新民謡に分類され、歌詞には、八戸市の宣伝になる内容が随所に含まれている。

作詞 法師浜桜白。作曲 後藤桃水。

1967年(昭和42年)に法師浜桜白八戸市へ歌詞の著作権を譲渡した[1]。その後現在にいたるまで、著作権は八戸市が所持している[2]

八戸小唄の誕生まで[編集]

1931年(昭和6年)2月3日東京日日新聞社主催の座談会において、「八戸小唄のようなものを作って八戸市を紹介したい」と重雄が発言したのがきっかけであった。民謡調の曲にしたのは「今流行りの新曲は長持ちしない、古くても民謡調にしてほしい」という神田重雄の希望があったからだとされる[3]

同年8月~9月に法師浜桜白が作詞の原案を作り、10月に作曲されて完成した。当初は原案の歌詞には八戸城下の節はなかったが、神田重雄らとの協議の後付け加えられることとなった。

当時発案者であった神田重雄にとって、八戸小唄の製作は八戸の観光開発の一つとして位置付けられた。

八戸小唄を歌った歌手[編集]

1931年(昭和6年)に八戸小唄を最初にレコードに吹き込んだのは民謡歌手上野翁桃小中野芸者たちだった。

その他歌った歌手は以下の通りである。

関連商品[編集]

お菓子や弁当なども発売されている。

参考文献[編集]

  • 中里進 著『神田重雄伝』東奥日報社、1980
  • 「青森県百科事典」東奥日報新聞社、1981 pp737

脚注[編集]

  1. ^ 『八戸小唄 市財政に一役』1999.5.17、「東奥日報
  2. ^ 社団法人日本音楽著作権協会 作品データベースより
  3. ^ 中里進 著『神田重雄伝』」242P

外部リンク[編集]