八幡市立男山東中学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
八幡市立男山東中学校
Yawata-shiritsu otokoyama-higashi junior high school kyoto in japan.JPG
国公私立 公立学校
設置者 八幡市
校訓 聡く 豊かに 逞しく
設立年月日 1986年4月
共学・別学 男女共学
学期 2学期制
所在地 614-8283
京都府八幡市内里砂畠1番地1
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

八幡市立男山東中学校(やわたしりつ おとこやまひがしちゅうがっこう)は、京都府八幡市内里砂畠にある公立中学校。略称「東中」(ひがしちゅう・とんちゅう)。

概要[編集]

八幡市南東部の田園地帯に位置する。八幡市立男山第二中学校の過大規模解消[1]と、東部地区の遠距離通学解消を目的に新設された。市立学校初の切妻屋根を採用している。体育館は一部2階建ての構造で、2階は柔剣道場となっている。他の市立中学校同様に学校給食とプール学習は導入されていない。制服は指定のものを着用する。

沿革[編集]

部活動[編集]

体育系
  • 陸上競技部
  • サッカー部
  • バドミントン部
  • 野球部
  • 男子ソフトテニス部
  • 女子ソフトテニス部
  • 男女卓球部
  • バスケットボール部
  • 女子バレーボール部
文化系
  • 美術部
  • 吹奏楽部
  • バトン同好会


校区[編集]

校区は八幡市立有都小学校八幡市立美濃山小学校の通学区域である。八幡市は公立学校選択制を導入していないため、この2校の小学校区在住の場合、市立中学校への進学は自動的に本校となる。八幡市の学校再編計画に伴い、2011年に八幡市立男山第二中学校との校区の境界を変更し、八幡市立南山小学校を男山第二中学校の校区に変更した。

周辺施設[編集]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 八幡市教育委員会広報誌「くすのき」第50号(2006年2月28日発行)によると、1985年(男山東中学校分離前年)には男山第二中学校の生徒数は1366人に達した。
  2. ^ 出典元:「広報やわた」第319号(1990年4月発行)
  3. ^ 出典元:「広報やわた」第351号(1992年11月発行)
  4. ^ 教育委員会広報紙「くすのき」第38号”. 八幡市教育委員会教育総務課 (2004年7月1日). 2011年8月20日閲覧。
  5. ^ ジョクジャの教育者、情報機器の授業見学 八幡2校で”. 京都新聞 (2010年10月29日). 2011年8月20日閲覧。

参考文献[編集]

  • 八幡市教育委員会教育総務課『平成22年度八幡市の教育』2010年7月

関連項目[編集]

外部リンク[編集]