八大聖地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

仏教八大聖地(はちだいせいち)は、仏教における重要な8つの聖地の総称。ゴータマ・ブッダの伝記に関わる遺跡である。7つは、歴史的なものであるが、サンカーシャだけは、伝説の基づいたものである。

名称 説明 別名
ルンビニー  -  生誕の地。 藍毘尼
ブッダガヤ  -  成道(悟り)の地。 仏陀伽邪
サールナート  -  初転法輪(初めての説教)の地。 鹿野苑
ラージャグリハ  -  布教の地。 王舎城
サヘート・マヘート  -  教団本部の地。 祇園精舎
ヴァイシャリ  -  最後の旅の地。 毘舎離城
クシナガラ  -  涅槃(死)の地。 拘尸那掲羅
サンカーシャ  -  昇天の地。 僧伽舎

印は四大聖地


関連項目[編集]