八坂町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
八坂町
廃止日 1960年8月1日
廃止理由 編入
八坂町信太村和泉市
現在の自治体 和泉市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 大阪府
泉北郡
面積 0.23km2.
総人口 6,262
国勢調査1955年
隣接自治体 和泉市、泉北郡信太村
八坂町役場
所在地 大阪府泉北郡八坂町
 表示 ウィキプロジェクト

八坂町(やさかちょう)は、かつて大阪府泉北郡にあったである。おおむね現在の和泉市幸にあたる。本項では前身である和泉郡・泉北郡南王子村(みなみおうじむら)についても述べる。

概要[編集]

町の中央部を熊野街道小栗街道)が南北に通る。和泉市編入時の面積は0.23平方キロメートル、人口密度は17,891人/平方キロメートルで、当時の全国最小面積の市町村だった。また、和泉市編入後に旭町、幸町、山手町の3大字が起立したが、現在は幸に統一されている(山手町がごくわずかに残っている)。

歴史[編集]

1686年貞享3年)に和泉郡王子村より分村して南王子村が成立した。当初人家は王子村内にあったが、1694年元禄7年)の火事をきっかけにして、1698年(元禄11年)に60軒の集落が南王子村に形成された。その後、南王子村の人口は王子村をはるかに上回り、同じ和泉郡の沿岸部に発達した下条大津村忠岡村と同規模にまで増加し、現在の和泉市域にあたる村の中で唯一町村制を単独で施行するに至った。

『奥田家文書』などの史・資料が残されている。

江戸時代は、幕府領。幕末の状況を記す旧高旧領取調帳によると、一橋徳川家領で石高は143石[1]

沿革[編集]

地名の由来[編集]

  • 南王子村 : 王子村から分村したことによる。王子村は九十九王子の第九番目の王子である篠田王子に由来する。
  • 八坂町 : 町内にある「八坂神社」より。


史料[編集]

  • 『奥田家文書』(奥田家文書研究会編、大阪府同和事業促進協議会、1969年 - 1976年)
  • 『大阪府南王子村文書』(南王子村文書刊行会編、和泉市教育委員会、1976年 - 1980年)

参考文献[編集]

  1. ^ 国立歴史民俗博物館データベース”. 2018年5月26日閲覧。
  • 盛田嘉徳、岡本良一、森杉夫『ある被差別部落の歴史 - 和泉国南王子村』 1979年 岩波書店