八元数環

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

数学における F 上の八元数代数または八元数環(はちげんすうかん、: octonion algebra)とは、F 上 8-次元の合成代数、すなわち F 上 8-次元の単位的非結合多元環ノルム(ノルム形式)と呼ばれる非退化二次形式 N を備えたものをいう。ノルム N は、条件

N(xy) = N(x)N(y)

A の各元 x, y について満たす。

最もよく知られた八元数環は、実数R 上の八元数環である古典的なケーリーの八元数全体の成す多元体 O である。分解型八元数の全体もやはり R 上の八元数環を成す。 R-代数の同型違いを除いて R 上の八元数環はこの二つのみである。

分解型八元数環はその二次形式 N等方的である(つまり、N(x) = 0 となる非零ベクトルをもつ)ような八元数環をいう。体 F 上の分解型八元数環は F-代数の同型を除いて一意的に存在する。F代数閉体または有限体のとき、それは F 上の唯一の八元数環である(「通常型」の八元数環は存在しない)。

八元数環は必ず非結合的になるが、より弱い形の結合性条件を満たす交代代数になる。さらに、任意の八元数環がムーファン恒等式を満足する。したがって、任意の八元数環において可逆元全体の成す集合は(ノルムが 1 の元全体と同様に)ムーファン・ループ(単位的ムーファン擬群)を成す。

分類[編集]

フルヴィッツの定理は「ノルム形式の F-同型類は F-八元数環の同型類と一対一に対応する」というものである。さらに、ノルム形式として可能なものは、ちょうど F 上のフィスター 3-形式になっている。

F の代数閉体上の F-八元数環はどの二つも同型となるから、ここに非可換ガロワコホモロジーの概念を適用することができる。特に、分解型八元数環の自己同型群は分解型代数群 G2 であるという事実を用いれば、F-八元数環の同型類と F 上の G2-主等質空間(トルソー)の同型類との対応を見ることができる。これらの同型類は非可換ガロワコホモロジー集合 H^1(F, G_2) を成す。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Springer, T. A.; F. D. Veldkamp (2000). Octonions, Jordan Algebras and Exceptional Groups. Springer-Verlag. ISBN 3-540-66337-1. 
  • Serre, J. P-. (2002). Galois Cohomology. Springer-Verlag. 
  • 佐武一郎 『リー環の話[新版]』 日本評論社〈日評数学選書〉。