八事駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
八事駅
Nagoya-subway-Yagoto-station-entrance-6-20100316.jpg
6番出入口EV,ESC
やごと
Yagoto
名古屋市昭和区広路町字北石坂102
北緯35度8分12秒 東経136度57分51秒 / 北緯35.13667度 東経136.96417度 / 35.13667; 136.96417座標: 北緯35度8分12秒 東経136度57分51秒 / 北緯35.13667度 東経136.96417度 / 35.13667; 136.96417
所属事業者 名古屋市交通局
名古屋市営地下鉄
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線(鶴舞線)
2面2線(名城線)
乗車人員
-統計年度-
17,798人/日(降車客含まず)
-2019年-
乗降人員
-統計年度-
35,805[1]人/日
-2019年-
開業年月日 1977年昭和52年)3月18日[2]
乗入路線 2 路線
所属路線 鶴舞線
駅番号 T15
キロ程 15.0 km(上小田井起点)
T14 いりなか (0.9 km)
(1.4 km) 塩釜口 T16
所属路線 名城線
駅番号 M20
キロ程 8.3 km(大曽根起点)
◄M19 八事日赤 (1.0km)
テンプレートを表示
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。(Template:色)

八事駅(やごとえき)は、愛知県名古屋市昭和区広路町字北石坂にある、名古屋市営地下鉄である。

鶴舞線名城線が乗り入れる。

鶴舞線駅務区八事管区駅が管轄する駅であり、川名駅から平針駅までの各駅を管理している。

歴史[編集]

  • 1977年昭和52年)3月18日:鶴舞線が伏見 - 八事間で開業した際に、同線の終着駅として開業する[2]。開業時は2番線のいりなか方4両分のみで乗降を行っており、1番線、及び留置線は赤池延伸までの仮の車庫として使用されていた。
  • 1978年(昭和53年)10月1日:鶴舞線が赤池まで延伸され、途中駅となる[2]。1番線の使用を開始する。
  • 2004年平成16年)10月6日:名城線の名古屋大学 - 新瑞橋間が延伸開業し、同線との乗換駅となる。
  • 2020年令和2年)
  • 2026年(令和8年):鶴舞線1・2番線で可動式ホーム柵使用開始の見込み。

駅構造[編集]

名城線プラットホーム 鶴舞線プラットホーム
名城線プラットホーム
鶴舞線プラットホーム

鶴舞線は島式1面2線のホーム(いりなか方面に引上線が1本と渡り線が設置されており、現在は夜間1編成が留置される)。

名城線は相対式2面2線のホームをもつ地下駅。改札口は名城線側と鶴舞線側に各2箇所設置されている。名城線ホームの方が地表から浅い場所にある。

名城線新瑞橋方面(右回り・4番線)と鶴舞線の乗り換えはエスカレーター等で連絡している。名城線本山方面(左回り・3番線)と鶴舞線の乗り換えは階段を上がり、連絡通路を経由する必要がある。

中改札外にセブン-イレブン(名古屋地下鉄八事駅店)、中及び北改札外にステーションATMイオン銀行)が設置されている。

駅長室は北改札に設置されており、駅長室と鶴舞線ホームを行き来する際は、一度地上に出るか、名城線ホームを出入りする必要がある。

のりば[編集]

路線は名城線の方が古いが、当駅は鶴舞線側が先に開業したため、鶴舞線から番号が振られている。

ホーム 路線 方向 行先
1 Nagoya Subway Logo V2 (Tsurumai Line).svg 鶴舞線 - 赤池豊田市方面
2 伏見上小田井犬山方面
3 Nagoya Subway Logo V2 (Meijo Line).svg 名城線 左回り 本山大曽根方面
4 右回り 新瑞橋金山方面

利用状況[編集]

年度別乗車人員[4]
年度 鶴舞線乗車人員(人/日) 名城線乗車人員(人/日) 乗車人員合計(人/日)
2004年(平成16年) 10,407 4,119 14,526
2005年(平成17年) 9,101 5,081 14,182
2006年(平成18年) 9,145 5,612 14,757
2007年(平成19年) 9,393 5,947 15,340
2008年(平成20年) 9,630 6,210 15,840
2009年(平成21年) 9,374 6,360 15,734
2010年(平成22年) 6,702 10,053 16,755
2011年(平成23年) 9,226 6,289 15,515
2012年(平成24年) 9,540 6,529 16,069
2013年(平成25年) 9,841 6,801 16,642
2014年(平成26年) 9,958 6,999 16,957
2015年(平成27年) 10,592 7,358 17,950
2016年(平成28年) 10,682 7,449 18,132
2017年(平成29年) 10,704 7,527 18,231
2018年(平成30年) 10,648 7,555 18,203
2019年(令和元年) 10,437 7,361 17,798

※ 乗り換え人員を含まない。

駅周辺[編集]

興正寺中門

駅周辺に関しては、八事も参照されたい。

この一帯は名古屋市を代表する高級住宅街の一つである。また、興正寺の縁日には参詣客でにぎわう門前町としての一面も持つが、近隣に複数の大学があるため若者向けの店舗を中心とした学生街としての発展も顕著である。

八事駅は昭和区と天白区の境界に位置しており、駅南東は天白区である。

当駅の北側、南側とも急な坂があり、東側も植田の方に向かって下り坂になっている。

主な施設[編集]

バス路線[編集]

最寄りのバス停は「八事」である。

以下の路線バスが運行されている。転回場がないため折り返す系統はなく、当停留所を発着する系統は転回場のある妙見町などへそのまま直通する。

名古屋市交通局名古屋市営バス
  • 金山12
    • 妙見町 - 八事 - 市立大学病院 - 金山
  • 八事11
    • 妙見町 - 八事 - 平針住宅・島田住宅
    • 名古屋大学 - 八事 - 島田住宅
  • 八事12
    • 島田一ツ山 - 八事 - 杁中 - 千種駅前
JR東海バス

隣の駅[編集]

名古屋市営地下鉄
Nagoya Subway Logo V2 (Tsurumai Line).svg 鶴舞線
いりなか駅 (T14) - 八事駅 (T15) - 塩釜口駅 (T16)
Nagoya Subway Logo V2 (Meijo Line).svg 名城線
八事日赤駅 (M19) - 八事駅 (M20) - 総合リハビリセンター駅 (M21)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 交通広告メディアガイド2021年版 (PDF)”. 名古屋市交通局 (2021年3月). 2021年6月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月5日閲覧。
  2. ^ a b c 新修名古屋市史編集委員会 『新修名古屋市史 第7巻』 名古屋市、1998年3月31日。
  3. ^ a b 総合リハビリセンター駅2番線及び瑞穂運動場東駅2番線の可動式ホーム柵稼働のお知らせ”. 名古屋市交通局 (2021年1月25日). 2021年1月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月26日閲覧。
  4. ^ 名古屋市統計年鑑より。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]