83会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
八三会から転送)
移動先: 案内検索

83会(はちさんかい)とは、2005年9月の第44回衆議院議員総選挙で初当選した自由民主党の新人議員によって構成されている会である。

名称は、この選挙で当選した新人議員(小泉チルドレン)の数にちなんでいる。ただし、発足後会員の増減があり、2009年8月の時点では82名、2014年12月の第47回総選挙で当選した候補は43名(小選挙区35名、比例代表8名)となっている。

経緯[編集]

2005年9月30日の設立当初は任意団体だったが、2006年3月17日に政治団体として設立された[1]。2016年6月23日時点の代表は北村茂男、会計責任者は長島忠美[2]。設立時の代表は土屋正忠[1]、歴代会計責任者は公認会計士広津素子[1]土井真樹

2005年9月総選挙で、期待されていなかったにもかかわらず、小泉純一郎首相の人気や、各候補者が自民党広報部の意見を参考にしたパフォーマンスで、全く想定外の当選を果たした若手議員が多いとされる。そのため、次回の選挙で当選できるのは3分の1程度、と酷評する声が党内にも存在した。

一方で、それまで中央政界と無縁だったり、地縁血縁をあまり持たない者たちが、全国公募に応募して急遽出馬し当選を果たしたことから、既存の中央政界の常識に捉われることなく政治活動を行うことが期待されている。

小泉自民党総裁武部勤自民党幹事長は、彼らに対して、しばらく既存の派閥に属さないようにと指示したため、事実上の派閥として小泉派が旗揚げされたのではないか、と報道機関に注目された。しかし、2006年4月に会について紹介する書籍『UBUDAS』(メディアファクトリー)を出版した時点で、既に半数近くの議員が派閥に所属しており、選挙直後の結束は無く、『UBUDAS』は「83会の卒業アルバム」とまでいわれた。

党改革の象徴として抜擢[編集]

小泉執行部は、当選直後から彼らを抜擢した。たとえば、総選挙直後の内閣改造に際して、片山さつき経済産業大臣政務官に起用したり、2005年11月の党大会において、杉村太蔵に「立党50年宣言」を読み上げさせたりした。また、猪口邦子第3次小泉改造内閣内閣府特命担当大臣少子化男女共同参画)に起用した。

2006年4月の衆議院千葉7区補選では、武部幹事長の指揮の下、新人議員たちが党公認候補の応援に大量動員された。

また、小泉の退任を受けて2006年9月に就任した安倍晋三総裁も、重要ポストである党広報局長に片山を起用したり、多くの新人議員を副幹事長に就けたりするなど、新人抜擢の流れを引き継いだ。

風向きの変化・次期総選挙への処遇[編集]

安倍総裁誕生の後、郵政造反組復党問題が持ち上がった。郵政民営化賛成を「大義」にして当選した83会の新人議員には、復党に批判的な意見が多かった。

2006年11月7日、自民党本部で開かれた衆参1回生議員の研修会「日本夢づくり道場」で「塾長」としてあいさつした武部勤は「皆さんが戦った相手は抵抗勢力で改革の敵。復党問題が出ているが後戻りすることは絶対ない」と述べた。しかし武部に続いてあいさつした小泉純一郎は「政治家は常に使い捨てにされることを覚悟しないといけない。甘えちゃいけない。使い捨てが嫌なら国会議員にならない方がいい」と述べ、郵政民営化法案の造反議員の復党に反対する一部議員を牽制した。復党に反対するグループはこの翌日「復党問題を考える会」の発足を予定しており、「日本夢づくり道場」を前哨戦と位置づけていた。小泉の後ろ盾を期待していた議員のなかには、この発言に戸惑いの表情を見せた者もいた。[3] [4]

結局、2006年12月4日、自民党党紀委員会で平沼赳夫以外の造反議員11人の復党が全会一致で認められた(詳細は郵政造反組復党問題を参照)。その後で造反組である藤井孝男の参院選推薦や衛藤晟一の復党が認められた(藤井は2007年参院選当選後に復党)。

2007年7月の参院選自民党大敗を受け、8月に幹事長に就任した麻生太郎は、83会議員を副幹事長などの党役職から退けた。

2007年9月10日の党代議士会では、中川泰宏川条志嘉が、党執行部や郵政造反組平沼赳夫の動きを「復党が自民党支持率降下の一因であるにもかかわらず、反省がない」と批判した。また、菅義偉選対総局長なども「次の衆院選には勝てる候補だけを公認する」と述べ、復党組と選挙区が重なる議員は選挙区変更も予想された。

また、9月には麻生の主導により平沼の復党が再燃したが、この動きを小泉改革の事実上の否定と受け取って反発する者も現れた。安倍が首相として内閣改造を行った際には、郵政造反復党組の森山裕今村雅弘副大臣に起用するなど、公然と要職へ復帰させるようになった。この時期、安倍は麻生と相談のうえで内閣改造を行ったとされ、このような麻生主導での1回生議員への待遇変更・郵政造反組の復権に関して、83会議員の不満が募った。

このような状況下で、9月12日に安倍首相が突如辞任を表明したことを受け、83会の一部議員は次期総裁に小泉純一郎前総裁の再登板を望む会を発足[5]させ、小泉の総裁選立候補の署名を集めるなどの活動を始めたが、小泉本人は「再登板は100%ない」と否定し、福田康夫支持を表明した。

また、総裁選の候補者である麻生太郎が、上記のように、1回生議員を冷遇したり、小泉改革の否定ともとれる行動をとっていたりしたため、83会議員の中に麻生へ不快感を示す者も出てきた。さらに、福田が平沼復党に慎重論を出し、小泉の福田支持と平沼復党問題の対応から、反麻生票として福田へ投票する議員が増えたと見られている。

しかし、1回生冷遇の流れは止まらず、党総裁・首相に就任した福田は、郵政国会で小泉を強く牽制し郵政民営化法案を棄権した古賀誠を党選挙対策本部長に任命した。また、片山は党広報局長を更迭され、郵政造反復党組の野田聖子が後任に起用された。

古賀は、郵政造反組であり野中広務の後継者である田中英夫の会合への出席、郵政造反無所属議員の平沼赳夫との接触をおこなっている。また、古賀も、菅と同様、「次の衆院選には勝てる候補だけを公認する」とし、支持基盤の弱い83会議員を優遇しない方針を打ち出している。

こうした執行部の姿勢に対して、83会議員を中心にした新会派「新しい風」を設立した武部は、「党が公認しないのなら、彼らを応援するために自分が党を出るしかない」と離党をほのめかす発言を行っている。

2008年1月16日森喜朗元首相が都内のホテルで講演を開き、「小泉さん(元首相)は『次(第45回衆院選)の保証など絶対誰にも言ってない』と言っていた」と、小泉元首相との会話を披露し、チルドレン達は「親」である小泉元首相から庇護を十分に受けられない現状が明らかとなった[6]

それぞれ北海道1区岐阜1区からの出馬の動きを見せていた杉村太蔵佐藤ゆかり両議員については、党本部や都道府県連が彼らを公認せず、それぞれ長谷川岳野田聖子を公認することで決定した。このように、1回生議員の一部は、無所属での出馬や選挙区変更を余儀なくされる厳しい立場に立たされた[7][8]

2009年衆院選における自民党敗北[編集]

2009年8月30日に投票が行われた第45回衆議院議員総選挙においては、自民党が歴史的な敗北という結果となった。解散前の所属議員83人のうち77人が立候補したが、小選挙区で4人、比例代表で6人、合計10人のみが当選した[9]。あまりに勢力が減ったため、政治団体として存続可能かどうかは未知数である。

2010年参院選での鞍替え[編集]

2010年7月の第22回参議院議員通常選挙において、自民党から5人、他の政党から4人、計9人が立候補。自民党4人と他政党1人が当選した。比例区の自民党候補では高い知名度を持つ片山さつきと佐藤ゆかりがそれぞれ1位2位で当選した。

2012年衆院選における自民党大勝とチルドレンの復帰[編集]

2012年12月16日の第46回衆議院議員総選挙においては、自民党が294議席を獲得し、前回選挙で落選した所属議員34人のうち32人が復帰する結果[10][11]となった。

83会所属[編集]

自民党国会議員[編集]

第46回・第47回衆議院議員総選挙で当選[編集]

☆は2009年総選挙で落選、但し、丹羽は2011年の補欠選挙で当選。

土井亨
宮城1区
亀岡偉民
福島1区
永岡桂子
茨城7区
牧原秀樹
埼玉5区
中根一幸
埼玉6区
大塚拓
埼玉9区[12]
田中良生
埼玉15区
薗浦健太郎
千葉5区
山本朋広
神奈川4区[13]
坂井学
神奈川5区
鈴木馨祐
神奈川7区[14]
赤間二郎
神奈川14区
石原宏高
東京3区
平将明
東京4区
若宮健嗣
東京5区[15]
越智隆雄
東京6区
松本文明
東京7区
土屋正忠
東京18区
松本洋平
東京19区
木原誠二
東京20区
高鳥修一
新潟6区
北村茂男
石川3区
稲田朋美
福井1区
武藤容治
岐阜3区
丹羽秀樹
愛知6区
伊藤忠彦
愛知8区
上野賢一郎
滋賀2区[16]
渡嘉敷奈緒美
大阪7区
大塚高司
大阪8区
原田憲治
大阪9区
盛山正仁
兵庫1区
関芳弘
兵庫3区
赤沢亮正
鳥取2区
阿部俊子
岡山3区
橋本岳
岡山4区
平口洋
広島2区
冨岡勉
長崎1区
木原稔
熊本1区
小里泰弘
鹿児島4区

第47回衆議院議員総選挙で当選[編集]

2005年総選挙では岐阜1区野田聖子郵政大臣に敗れたが、比例東海ブロックで当選。2009年総選挙では東京5区から出馬したが、民主党の手塚仁雄に敗れ落選。その後2010年7月の参議院選挙では比例代表で当選。2014年11月に議員辞職し、2014年の総選挙で大阪11区から立候補し当選。

第46回衆議院議員総選挙で当選[編集]

鹿児島2区選出。2009年・2012年の総選挙いずれも選挙区で当選。2014年、親族の公職選挙法違反が発覚し議員辞職した。

第22回・第24参議院議員通常選挙で当選[編集]

比例東京ブロック単独で当選。2009年総選挙で比例の順位で冷遇されたことに不満を表し不出馬。その後2010年7月の通常選挙では千葉県選挙区で当選。
佐賀1区選出。2009年総選挙で民主党の原口一博に敗れ落選。その後2010年7月の参議院選挙では佐賀県選挙区で当選。
静岡7区選出。2009年総選挙で無所属(平沼グループ)の城内実に敗れ落選。その後2010年7月の参議院選挙では比例代表で当選。

第23回参議院議員通常選挙で当選[編集]

2005年総選挙では山梨1区小沢鋭仁に敗れたが、比例南関東ブロックで当選。2009年総選挙では小沢に敗れ落選。2013年7月の参議院選挙では比例代表で当選。

自民党を離党した国会議員[編集]

第46・47回衆議院議員総選挙で当選[編集]

比例南関東ブロックから選出。2009年総選挙で神奈川8区から立候補し落選。2012年、2014年総選挙では選挙区で落選するも比例区で当選。2017年9月に離党し希望の党に参加。

第46回衆議院議員総選挙で当選[編集]

神奈川9区から選出。2009年7月の解散後に離党しみんなの党に入党。8月の総選挙では同党の比例北関東ブロックで当選。2012年の総選挙でも引き続き同党の比例北関東ブロックで当選。2014年の総選挙では、同党の解党により民主党に入党し、埼玉13区から立候補するも比例復活もできず落選。
比例南関東ブロックより選出。2005年総選挙で争った郵政改革反対派の堀内光雄が復党し公認を得たことに不満を表し、2009年7月に離党。8月の総選挙に無所属(平沼グループ)で出馬し落選。2012年の総選挙では無所属で出馬し山梨2区で当選。2014年の総選挙でも同じく無所属で出馬し山梨2区で当選。
比例近畿ブロックより選出。2009年総選挙で京都3区から立候補するも落選し、党との方向性の違いから2010年2月に離党。その後みんなの党に入党し、同年参院選に比例代表から出馬も落選。2012年衆院選に京都6区から日本維新の会で出馬するも落選。2013年に東国原英夫が議員辞職したことに伴い、重複立候補していた比例近畿ブロックにて繰り上げ当選。2014年の総選挙では維新の党で京都3区から立候補するも比例復活もできず落選。

第22回参議院議員通常選挙で当選[編集]

比例南関東ブロックより選出。2009年総選挙で落選後、党との方向性の違いから2010年1月に離党。その後みんなの党に入党し、同年参院選に比例代表で当選。2013年に離党し、江田憲司らと結いの党を結党。後に、結いの党と日本維新の会が合流して結成された維新の党に参加。同党の民主党との合流時に公選法の規定により無所属となる。2016年参院選では民進党推薦候補として比例区から立候補するも落選。

2009年8月の総選挙で落選[編集]

2012年の選挙で当選した者は除く。

渡部篤
福島4区
新井悦二
埼玉11区
岡部英明
茨城5区
藤田幹雄
千葉4区
林潤
神奈川4区
亀井善太郎
神奈川16区
浮島敏男
(比例南関東)
小川友一
東京21区
安井潤一郎
(比例東京)
馬渡龍治
愛知3区
藤野真紀子
愛知4区
土井真樹
愛知11区
杉田元司
愛知14区
中川泰宏
京都4区
井沢京子
京都6区
川条志嘉
大阪2区
井脇ノブ子
大阪11区
木挽司
兵庫6区
矢野隆司
比例近畿
西本勝子
比例四国
遠藤宣彦
福岡1区
安次富修
沖縄2区

亀井善太郎原田憲治2006年補欠選挙で当選後に入会。徳田毅2007年2月に入会後、2014年2月に議員辞職。渡部、岡部、亀井、藤野、井沢、西本、木挽は2012年時点で引退表明済み。

地方政治家[編集]

山口2区より選出。2008年1月22日に、岩国市長選挙に出馬するために議員辞職し、同2月10日の岩国市長選挙で当選。
比例近畿ブロックより選出。2009年総選挙で落選後、長浜市長選挙に出馬するために離党し、2010年2月14日の長浜市長選挙で当選。
比例中国ブロックより選出。2009年総選挙で落選後、県連との方向性の違いから2010年5月に離党し、同年参院選に新党改革から比例代表で出馬も落選。2014年3月30日美作市長選挙で当選。

非政治家[編集]

✚は故人。

千葉7区より選出。2006年1月11日に、出納責任者が公職選挙法違反で執行猶予付きの有罪判決が下され、同1月18日に議員辞職した。2009年総選挙には千葉6区から無所属(平沼グループ)で出馬し落選。2012年総選挙には東京2区から日本維新の会で出馬し落選。
比例北関東ブロックより選出。2009年5月8日に、さいたま市長選挙に出馬するために議員辞職し、同5月24日のさいたま市長選挙で落選。2014年総選挙に比例北陸信越ブロックから比例単独候補として立候補するも落選。2017年さいたま市長選挙に出馬し落選。
比例南関東ブロックより選出。2009年総選挙で北海道1区への転出を希望して長谷川岳との公認争いに敗れ、強行出馬を模索するも断念。2010年7月の参議院議員選挙にたちあがれ日本から比例代表で出馬も落選。その後、たちあがれを離党し無所属。現在は政界を引退しタレントとして活動。
比例東京ブロックより選出。2009年総選挙で比例の低順位で処遇されることに不満を表し離党。みんなの党からの出馬を模索するが結局出馬せず。
比例九州ブロックより選出。2005年総選挙で争った郵政改革反対派の保利耕輔が復党し公認を得たことに不満を表し、2009年7月に離党。8月の総選挙にみんなの党から出馬し落選。2010年3月末日にみんなの党の支部を解散。
比例東海ブロックより選出。2009年総選挙で落選後、新執行部の人事に不満を表し、2009年11月に離党。その後2010年3月にみんなの党に入党。次期衆院選で愛知3区からの出馬する意向を示していたが、2011年8月に健康上の理由で取りやめ。
比例南関東ブロックより選出。2009年総選挙で比例東北ブロックに鞍替えも落選。その後党との方向性の違いから、2010年1月に離党。2011年4月の大館市長選挙に出馬したが落選。2012年総選挙に秋田1区から日本維新の会で出馬し落選。2014年総選挙に比例東北ブロックから維新の党の比例単独候補として立候補するも落選。
比例近畿ブロックより選出。2009年5月13日に、奈良市長選挙に出馬するために議員辞職し、同7月12日の奈良市長選挙で落選。2011年4月の奈良県議会議員選挙で当選。2011年12月死去。
比例北海道ブロックより選出。2009年総選挙で落選後、2011年4月の夕張市長選挙に出馬するため、離党したが落選。
比例近畿ブロックより選出。2012年総選挙には出馬せず。2014年総選挙では比例近畿ブロックから、比例単独候補として立候補するも落選。
比例北陸信越ブロックより選出。2009年総選挙で再選。2012年総選挙で新潟5区に鞍替えし当選、2014年総選挙でも再選。2017年8月に死去。

脚注[編集]

関連項目[編集]