八ヶ岳西麓広域農道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
槻木大橋付近(茅野市)

八ヶ岳西麓広域農道(やつがたけせいろくこういきのうどう)は、長野県茅野市から長野県諏訪郡原村を経由し、長野県諏訪郡富士見町に至る広域農道である。この道路は、通称「八ヶ岳エコーライン」といわれる。

概要[編集]

広域営農団地農道整備事業 八ヶ岳西麓地区として、農作物の首都圏への輸送や農業振興を目的に、国の補助を受け長野県が建設している。農道として建設されているが富士見高原、蓼科高原、八ヶ岳ズームライン経由で中央自動車道諏訪南ICを結ぶ観光道路としての役割もある。

1995年11月に着工し、2009年12月17日全線開通。当初は2000年度完成予定だったが事業費の増加や予算の減少により遅れた。事業費は162億4700万円。当初予定の97億円が橋梁耐震設計基準の強化などで増加した。立沢大橋は当時の田中康夫長野県知事が費用対効果に疑問を呈し、工事が一時中断された。諏訪郡富士見町立沢の1.3kmの区間は、既設の長野県道・山梨県道17号茅野北杜韮崎線を利用している。

槻木大橋(茅野市)
  • 距離 : 16.2km
  • 起点 : 長野県茅野市北山(長野県道192号茅野停車場八子ヶ峰公園線交点)
  • 終点 : 長野県諏訪郡富士見町乙事(富士見町道乙事広原線交点)
  • 車線数 : 2車線
  • 全体幅員 : 10.0m
  • 車道幅員 : 6.0m
  • 歩道幅員 : 2.5m
  • 主要構造物
    • 茅野市泉野の柳川にかかる全長490mの槻木大橋
    • 諏訪郡富士見町立沢の立場川にかかる全長606mの立沢大橋

開通状況と予定[編集]

未開通区間でもほ場整備された農地内は、農業用車両向けに通行できる区間もある。

通過する自治体[編集]

交差している道路[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]