全日本学生スキー選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

全日本学生スキー選手権大会(ぜんにほんがくせいスキーせんしゅけんたいかい)は、日本の大学対抗のスキー競技大会である。

1928年に青森県大鰐温泉で第1回大会を実施。初代総合優勝は北海道大学であった。その後は戦争などで一時中断。男子総合優勝校に秩父宮賜杯、女子優勝校に秩父宮妃賜杯が授与される。ただしクロスカントリーリレー競技の優勝校にも寬仁親王牌(男子)と彬子女王牌(女子)が授与される。

また、男子は4部制、女子は3部制で、昇格降格争いが激しくなる。1部校の下位2校が降格し、逆に2部校の上位2校が昇格する。同様に2部、3部間では3校、3部、4部間では4校が毎年入れ替わる。

1967年1月中旬に宮城県鳴子で開かれた大会は予算書の段階で収入予定が212万5000円、支出予定が268万5000円、他にジャンプ台補修費105万円、ジャンプ台の土砂とり80万円、各種コース刈払い55万円、などが事前の経費としてかかっており、508万5000円の赤字は、鳴子の役員たちが身銭を切った。この大会でコカコーラ商標入りのゼッケンを選手が着用したことが、日本体育協会に持ち込まれた[1]

歴代総合優勝校[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 赤字覚悟の競技会 強いる目標・使命感 朝日新聞 1967年2月5日朝刊13ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]