全州和約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

全州和約(ぜんしゅうわやく)とは1894年6月10日(太陽暦)に、朝鮮政府と甲午農民戦争の指導者全琫準の間で結んだとされる和約。 (但し、根拠となる一次史料は発見されていない。)

概要[編集]

呉知泳の東学史-朝鮮民衆運動の記録が初出とされる。全琫準の「判決宣告書原本」には14箇条(以下)が記述され、計27箇条あるとされている。

転運所革罷事、国結不為加事、禁断歩負商人作弊事、道内還銭旧伯既為捧去則不得再徴於民間事、大同上納前各浦口潜商貿米禁断事、洞布銭毎戸春秋二両式定銭事、貪官汚吏并罷黜事、壅蔽上聡売官売爵操弄国権之人一并遂出事、為官長者不得入葬於該境内且不為買畓事、田税依前事、烟戸雑役减省事、浦口魚塩税革罷事、洑税及宮畓勿施事、各邑倅下来民人山地勒標偸葬勿施事

全琫準らが以上を誓願した史料はあるが、朝鮮政府がこの誓願を受け入れたという史料は発見されていない。つまり「和約」として成立した根拠がない。また朝鮮政府が日本に全州和約の締結を以て撤兵を依頼した史料も発見されていない。

しかし、何故か根拠史料が不明であるが文献によっては農民軍が朝鮮政府と和約を結び、全州を撤退したと記しているものもある[1]

脚注[編集]

  1. ^ 武田幸男 『新版 世界各国史2 朝鮮史』 山川出版社2000年、242頁。ISBN 978-4634413207。「農民軍は全州を包囲した政府軍と激戦を展開していたが、清日両国軍出兵の報を聞いて、六月十日、政府側と「全州和約」を結んで全州を撤退した。」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]