全富一 (1924年生)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
全富一
生誕 1924年1月16日
大日本帝国の旗 日本統治下朝鮮全羅南道光州
死没 (2004-06-17) 2004年6月17日(80歳没)
大韓民国の旗 大韓民国ソウル
所属組織 大韓民国陸軍
軍歴 1946-1970(韓国陸軍)
最終階級 中将(韓国陸軍)
除隊後 国会議員
墓所 国立大田顕忠院将軍第1墓域25号
テンプレートを表示

全 富一(チョン・プイル、전부일1924年1月16日-2004年6月17日)は大韓民国軍人国会議員

経歴[編集]

1924年1月、全羅南道光州に生まれる。1944年、徴兵第1期生として日本軍に入隊し、終戦時は見習士官

1946年、南朝鮮国防警備隊に入隊し同年12月に警備士官学校第2期卒業、任少尉(軍番10236番)。1949年、第2連隊大隊長。

1950年7月、第8師団軍需参謀(少領[1]。1951年5月30日、第21連隊長(大領[2][3]。1952年、第51連隊長。

1955年、第2軍軍需処長。1958年、第50師団長。1960年、第27師団長。1959年、国民大学校政治学科卒業。1960年、国防大学院修了、第27師団長。1964年、第5管区(大邱)司令官。1966年、第1軍団長。1967年、第2訓練所長。1968年、国防部管理次官補。

1970年8月、兵務庁長。同年、中将で予備役編入。1973年、在郷軍人会事務総長。1976年、第9代国会議員統一主体国民会議維新政友会)。1979年、第10代国会議員(統一主体国民会議、維新政友会)。

出典[編集]

  1. ^ 佐々木春隆『朝鮮戦争/韓国編 下巻』、84頁。
  2. ^ 佐々木春隆『朝鮮戦争/韓国編 下巻』、488頁。
  3. ^ 6・25戦争史 第8巻 (PDF)” (韓国語). 国防部軍事編纂研究所. pp. 518. 2016年10月23日閲覧。

参考文献[編集]

  • 佐々木春隆 『朝鮮戦争/韓国篇 下巻 漢江線から休戦まで』 原書房、1977年。 

外部リンク[編集]

  • 全富一” (韓国語). 大韓民国憲政会. 2014年10月17日閲覧。
  • 全富一” (韓国語). 国立大田顕忠院. 2015年11月25日閲覧。