全国選抜長良川中日花火大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
全国選抜長良川中日花火大会
概要
開催時期 7月最終土曜日
初回開催 1957年
会場・場所 岐阜市長良橋下流
打ち上げ数 約3万発
主催 中日新聞社
後援 岐阜県岐阜市東海ラジオ放送東海テレビ放送中部日本放送名古屋鉄道東海旅客鉄道、岐阜県バス協会
人出 約30万人(例年)
直通バス JR岐阜駅前、名鉄岐阜駅前から岐阜バス「鵜飼屋」で下車(午後7時以降は休止)。臨時シャトルバス運行。
外部リンク 全国選抜長良川中日花火大会
テンプレートを表示

全国選抜長良川中日花火大会(ぜんこくせんばつながらがわちゅうにちはなびたいかい)は、中日新聞社1957年昭和32年)から行っている花火大会。例年7月の最終土曜日に岐阜市長良川河畔で開催される。なお、同じ場所で翌週に開催される岐阜新聞岐阜放送主催の長良川全国花火大会と合わせて、「長良川花火大会」と呼ばれる場合がある。

概要[編集]

  • 花火大会は昼の部と夜の部の二部構成となっている。
    • 昼の部は9時から行われる。これは音花火をメインとするもので、16時からは15分、10分、5分置きと間隔を縮めて打ち上げていく。
    • 夜の部は19時15分から行われる。これは日本煙火芸術協会銘品集をはじめとする花火が打ち上げられる。
  • 打ち上げ数は約3万発と全国屈指の大規模な花火大会。
  • 例年動員数は約30万人を超える。

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 第55回長良川中日花火を中止 中日新聞、2011年4月5日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]