全国学校給食週間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

全国学校給食週間(ぜんこくがっこうきゅうしょくしゅうかん)とは、学校給食の意義や役割について児童生徒や教職員、保護者、地域住民の理解と関心を深めるための週間。

概要[編集]

1950年昭和25年)に文部省が通知した「全国学校給食週間の開催」により毎年1月24日から1月30日と定められ、1951年(昭和26年)から実施されている。これは、学校給食記念日である12月24日が多くの地域で冬休み期間に当たるため、1か月後の1月24日から1週間としたことによる。

関連項目[編集]