全国ハイヤー・タクシー連合会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

一般社団法人 全国ハイヤー・タクシー連合会(いっぱんしゃだんほうじん ぜんこくはいやー・たくしーれんごうかい、英文名称:Japan Federation of Hire-Taxi Associations)は、日本のタクシー事業者及びハイヤー事業者で構成する業界団体。通称は全タク連。以前は国土交通省所管の社団法人であったが、公益法人制度改革に伴い一般社団法人へ移行した。業界の民主的運営及び経営の合理化、タクシー・ハイヤー事業者の相互間の親睦を目的に設立された。

組織[編集]

主な業務[編集]

会員がすべて事業者であるため、業務内容はほぼ事業者向けのものとなっている。

  • 一般乗用旅客自動車運送事業の健全な運営及び発達に資するための調査、研究及び対策
  • 資料の蒐集並びに統計の作成、配布
  • 一般乗用旅客自動車運送事業の合理化を図るための調査、研究及び対策
  • 関係諸官庁との連絡並びに通達事項の徹底
  • 会報の発刊
  • その他、本会の目的を達成するために必要な事項

会員[編集]

  • 第一種会員 - 47団体
  • 第二種会員 - 263社
  • 第三種会員 - 1団体
  • 賛助会員 - 19社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]