全ての恵みの仲介者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

全ての恵みの仲介者(すべてのめぐみのちゅうかいしゃ:英語:Mediatrix of All Graces)とは、カトリック教会で、イエス・キリストの母である聖母マリアに与えられた称号であり、これには、キリストからの全ての恵みと祝福は聖母を通じて与えられる、と信じることも含まれている。 これは、カトリック教会東方正教会非カルケドン派正教会において、聖母に帰属する役割である仲裁、調停が、もっと拡大し、そして仲介の称号が使われた。[1]

概要[編集]

第2バチカン公会議ではその文書である教会憲章でマリアを「仲介者(Mediatrix)」であると言及している。これは、「弁護者(Advocate)、扶助者( Auxiliatrix)、援助者(Adjutrix)」という3つの意味が含まれている。仲介者(Mediatrix)に「全ての恵みの」という言葉は使われていない。

「全ての恵みの仲介者」の称号がカトリック教会の教義として確立しているかは、いまだにカトリック神学者の中でも議論がされているものである。その教義は、「全ての恵みの仲介者」の称号を使用した場合、「仲介者」の称号を使用するより優先され、他の聖人のよりも高いレベルの仲介ができるとする。(これは聖母がイエスの母であると言う特別の関係によることから来ている。)[2]1948年フィリピンのリパ大司教区で起こった聖母の出現は、2015年9月12日に典礼秘跡省を通じ、このリパの聖母が「全ての恵みの仲介者である聖母」の称号の元、本物で信ずるに値すると正式に宣言された[3]

脚注[編集]

  1. ^ Jill Dubisch, In a Different Place (Princeton University Press 1995 ISBN 9780691029672), p. 236
  2. ^ L'Osservatore Romano, Weekly Edition in English 25 June 1997, page 10
  3. ^ [1] spirit daily THE AMAZING STORY BEHIND THE LIPA APPARITIONS

参照[編集]