入江長八

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
入江長八

入江 長八(いりえ ちょうはち、文化12年8月5日1815年9月7日) - 明治22年(1889年10月8日)は江戸時代末期から明治時代にかけて活躍した名工(左官職人)、工芸家なまこ壁鏝絵といった漆喰細工を得意とした。

経歴[編集]

文化12年(1815年伊豆国松崎村明地(現在の静岡県賀茂郡松崎町)に貧しい農家長男として生まれた。6歳で菩提寺の浄感寺塾に学ぶ。11歳のとき同村の左官棟梁、関仁助のもとに弟子入りする。その当時から手先の器用さで知られた。

天保4年(1833年)20歳のとき江戸へ出て御用絵師である谷文晁の高弟、狩野派喜多武清から絵を学ぶ一方、彫刻も学んだ。絵画や彫刻技法を漆喰細工に応用し、従来は建物の外観を装飾する目的で漆喰壁に鏝(こて)で模様を描いていたものを、絵具で彩色して室内観賞用の芸術品に昇華させた。26歳で江戸日本橋茅場町にあった薬師堂の御拝柱の左右に『昇り竜』と『下り竜』を造り上げて、名工「伊豆の長八」として名を馳せた。弘化2年(1845年)31歳の時に弟子2人を連れて生まれ故郷の浄感寺の再建に係わり、鏝絵を作成している。天井に描いた『八方にらみの竜』は傑作とされる。(2007年現在、浄感寺の本堂は長八記念館となっている。)

入江は江戸に戻り、東京都台東区浅草寺観音堂目黒区祐天寺などを含む多くの場所で傑作を作り上げたと言われている。明治10年(1877年)に第1回内国勧業博覧会に出品。 晩年、明治13年(1880年)にも65歳で故郷を訪れ、岩科町役場や岩科学校などで制作作業を行っている。明治22年(1889年)10月8日、深川八名川町(現江東区深川)の自宅にて74歳で亡くなる。墓は故郷の浄感寺と浅草正定寺の二箇所に設けられている。

山光荘[1]をモデルにした、漫画家つげ義春の作品「長八の宿」によって、知名度があがった。

現存する作品[編集]

鑑賞に拡大鏡が必要であるほど緻密な細工をこらした作品が多い。入江の生活拠点が江戸であったため作品は東京地区に集中しており、大半が震災戦災で焼失してしまっている。現存する約45点は、東京都港区高輪泉岳寺品川区東品川の寄木神社、足立区の橋戸稲荷、千葉県成田山新勝寺などに残っている。

故郷の静岡県松崎町には、前述の浄感寺の「長八記念館」に約20点と、1986年に開館した「伊豆の長八美術館」に約50点が展示されている。また重要文化財の岩科学校や、春城院、三島市龍沢寺など故郷周辺に点在している。

参考文献[編集]

関連書籍[編集]

  • 土の絵師 伊豆長八の世界(2002年・木蓮社)
  • しずおかの文化新書11~漆喰鏝絵 天下の名工 伊豆の長八・駿府の鶴堂(2012年・静岡県文化財団)
  • 伊豆の長八: 幕末・明治の空前絶後の鏝絵師(2015年・平凡社)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]