兜 KABUTO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
兜 KABUTO
Shogun Mayeda
Journey of Honor
Shogun Warrior
監督 ゴードン・ヘスラー
脚本 ネルソン・ギディング
原案 ショー・コスギ
ネルソン・ギディング
製作 ショー・コスギ
製作総指揮 土屋宏
林俊明
出演者 ショー・コスギ
ケイン・コスギ
三船敏郎
音楽 ジョン・スコット
撮影 ジョン・J・コナー
製作会社 ショー・コスギ・コーポレーション
配給 日本の旗 東宝東和
公開 日本の旗 1991年4月27日
上映時間 106分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
日本の旗 日本
言語 英語日本語
製作費 $10,000,000[1]
テンプレートを表示

兜 KABUTO』(Shogun Mayeda / Journey of Honor / Shogun Warrior)は、1991年制作のアメリカ合衆国イギリス日本映画江戸時代初期の日本とスペインを舞台とした異色のアクション時代劇映画であり、ショー・コスギが主演・原案・製作の3役を担当。 支倉常長の行程を大まかに基づいています。

あらすじ[編集]

1600年、天下を統一しつつあった徳川家康は、再興を目論む豊臣家に備えるべく新型銃を購入するため、実子の頼宗と家臣の前田大五郎をイスパニアに派遣する。しかしその途中、彼らの乗った船は嵐のため沈没、銃の購入資金のための黄金は失われてしまった。

しかし、前田はフィリップ国王の城で王位を狙う側近のドン・ペドロの陰謀を阻止した事で、その褒美として銃を手に入れることに成功する。

前田に陰謀を阻止されたドン・ペドロは、海賊エル・ザイダンの力を借りて、前田たちを奴隷としてモロッコヘ送ってしまう。

しかし、前田はドン・ペドロとの決闘に勝利すれば、銃と共に帰国させるという約束をザイダンから取り付け、ドン・ペドロとの対決に臨む。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
前田大五郎 ショー・コスギ ショー・コスギ
徳川頼宗 ケイン・コスギ 金杉太朗
徳川家康 三船敏郎
淀君 高田美和
女官 清川虹子
前田千代 杉村由紀
前田大輔 白倉慎介
江戸城の家臣 矢山治
石川 関口昌人
中村 重水直人
バスコ神父 ノーマン・ロイド 大塚周夫
セシリア ポリー・ウォーカー[2] 高島雅羅
ドン・ペドロ デヴィッド・エセックス 小川真司
キング・フィリップ クリストファー・リー 北村弘一
エル・ザイダン ジョン・リス=デイヴィス 内海賢二
クロフォード船長 ロナルド・ピックアップ 小林勝彦
スミティ ディラン・カッスマン 菊地英博

吹替その他、幹本雄之伊藤和晃坂東尚樹叶木翔子

脚注[編集]

  1. ^ Shogun Mayeda (1991) - Box office / business
  2. ^ これがデビュー作。

外部リンク[編集]