児童合唱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

児童合唱(じどうがっしょう)は、変声前の子供のみによる合唱童声合唱ともいう。また少年合唱も同じ意味であるが、この語は特に男子のみによるものを指すことが多い。声域的には女声合唱に比してやや狭いもののほぼ重なっているが、声質が異なり、子供ならではの透明さ、溌剌さが、大人の女声合唱とはまた違った魅力を持っている。

児童合唱は、女声合唱男声合唱とともに、同声合唱に分類される。このため、変声後の男児を含む中学生による混声合唱は、ふつう児童合唱には含まれない。

日本の児童合唱団においては、男子は、変声期を迎える頃(小学6年生から中学生の間)に退団することが多いが、まれにファルセットを用いて活動することも見られる。一方、女子は男子ほど声変わりが顕著ではないため、高校生や大学生が活動していることも少なくない。しかし日本以外の児童合唱団(少年合唱団)においては、変声にかかわらず未成年のみの合唱を示すことが多い。

本項では、クラシック音楽の中での児童合唱について重点的に説明する。ポピュラー音楽におけるそれについても後述する。

編成[編集]

声域、声質によって、ソプラノアルトに分かれる。3部に分かれる場合は、ソプラノとアルトの間にメゾソプラノが置かれる。

他の合唱との組み合わせ[編集]

主として、管弦楽つき合唱曲や、合唱つき交響曲において、混声(女声/男声)合唱とは別に、児童合唱のパートが与えられることがある。また、混声合唱曲において、高声部を通常の女声の代わりに児童(特に少年)が受け持つことがある。前者の例としては、オルフの『カルミナ・ブラーナ』や、マーラー交響曲第8番など。後者は、かつて女性が教会で歌うことが禁じられていたことから行われていた。現在では、主として音楽的な観点から選択されている。高声部に児童合唱を指定した曲としては、ストラヴィンスキーの『ミサ曲』や、シベリウスの『アテネ人の歌』などがある。混声合唱曲において、女声パートを少年合唱が担当することもあり、通常の混声合唱とは一味違うハーモニーを奏でることがある。

楽曲[編集]

主な児童合唱曲[編集]

以下に挙げられた曲のなかには、女声合唱団によってもしばしば歌われているものがある。()内は伴奏形態を示す。

児童合唱が用いられる主なオペラ[編集]

ポピュラー音楽における児童合唱[編集]

1960年代から1980年代にかけて、特に、アニメや特撮番組(または映画)の主題歌を児童合唱団が歌うことが多くみられた。以下では、その主な曲を紹介する。()内は、番組名と、歌手および合唱団名を示す。

主な合唱団[編集]