児玉実英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

児玉 実英(こだま さねひで、児玉 實英、1932年12月14日 - )は、アメリカ文学比較文学者。同志社女子大学名誉教授

京都府に、同志社大学名誉教授・児玉実用の長男として生まれる。1955年に同志社大学英文科卒、1956年に同大学院中退。同年、フルブライト奨学金を得てアメリカ合衆国のアマースト大学に留学。1958年同英文科卒業。1959年ワシントン州立大学修士課程修了。1960年に同志社女子大学助手、1961年に同大学専任講師、1964年に同大学助教授、1970年に同大学教授。1984年、「アメリカ詩と日本文化」により同志社大文学博士。93年から同志社女子大学長を務めた後、2001年に広島女学院大学教授。2009年春の叙勲で瑞宝中綬章を受章。

妻は天理大学名誉教授・児玉佳与子宗教学者、1933年- )。妹の夫に元同志社女子大教授・岡部進数学者、1939年- )

著書[編集]

  • 『アメリカのジャポニズム 美術・工芸を超えた日本志向』中公新書, 1995
  • 『石中火あり 同志社とわたしと英文学』オリオン出版社, 2000
  • 『アメリカの詩』英宝社, 2005

共編[編集]

翻訳[編集]

  • 空想と想像力 R.L.ブレット 研究社出版, 1971

参考[編集]

  • 『人事興信録』1995年