兎ウイルス性出血病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

兎ウイルス性出血病(うさぎウイルスせいしゅっけつびょう、: rabbit viral hemorrhagic disease)とは兎出血病ウイルス感染を原因とする兎の感染症。日本では家畜伝染病予防法において届出伝染病に指定されており、対象動物は兎。国際獣疫事務局においてリストB疾病に指定されている。兎出血病ウイルスはカリシウイルス科ラゴウイルス属に属するRNAウイルス。接触伝播あるいは節足動物による機械的伝播により感染が成立する。致死率は高く、発熱、元気消失、食欲廃絶、神経症状などを示し、数日で死亡するが、症状を示すことなく突然死する場合もある。全身の諸臓器において出血が認められる。不活化ワクチンが開発されているが、日本では実用化されていない。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 清水悠紀臣ほか 『動物の感染症』 近代出版 2002年 ISBN 4874020747
  • 見上彪監修 『獣医感染症カラーアトラス』 文永堂出版 2006年 ISBN 4830032030