克美しげる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
克美茂から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
克美 しげる
出生名 津村 誠也
別名 克美 茂(旧芸名)
生誕 (1937-12-25) 1937年12月25日
出身地 日本の旗 日本宮崎県宮崎市
死没 (2013-02-27) 2013年2月27日(75歳没)
学歴 宮崎県立宮崎大宮高等学校卒業
ジャンル ロカビリー
アニメソング
職業 歌手
担当楽器
活動期間 1961年 - 1976年

克美 しげる(かつみ しげる、1937年12月25日 - 2013年2月27日)は、日本の元歌手。本名は津村 誠也(つむら せいや)。1975年から1976年にかけては芸名を『克美 茂』と表記していた。

渡辺プロダクションなどに所属。宮崎県宮崎市出身。

1950年代末に始まったロカビリー・ブームを追い風に、ヒットポップスの日本語カバーでヒット曲を連発、その後、テレビアニメ『エイトマン』の主題歌や『さすらい』などのヒット曲によって流行歌手として活躍した。

経歴[編集]

1956年宮崎県立宮崎大宮高等学校在学中に、仲間と音楽グループを結成。その後、大阪へ行きジャズ喫茶で歌っていた水原弘の付き人を志願。採用には至らなかったが、水原から有名なバンドリーダーを紹介されるなど、両者の親交は長く続いた。

高校卒業後、神戸に転居。関西で活動していた“マウンテン・ボーイズ”にバンドボーイとして採用され、その1年後には同バンドで最年少ながら、自ら名乗った芸名・勝己しげる[1]でボーカルを担当し人気を博した。

1960年NHK(大阪)が主催したオーディションに合格。1961年、芸名を「克美しげる」に改め、同じく改名したバンド “ロック・メッセンジャーズ”と共に東京に進出した。ジャズ喫茶でのステージにて東芝レコードのディレクターからスカウトを受け、ジョン・レイトンのヒット曲『霧の中のジョニー』の日本語カバーでレコードデビューし、40万枚[2]を売り上げるヒットとなった。

1963年、テレビアニメ『エイトマン』の同名主題歌を歌った。1964年、歌謡曲路線に転じた『さすらい』が60万枚[2]のヒットとなり、翌1965年と2年連続でNHK紅白歌合戦に出場した。また1965年には『人形佐七捕物帳』(NHK総合)に豆六役でレギュラー出演を果たしたが、その後は人気が低迷していった。

低迷からの脱却を図って音楽関係者への接待を続け、借金1000万円をつくる。克美は「妻とは離婚した」と嘘をついて交際していた銀座の人気ホステスOから毎月30万円(現在の100万円)を貰い、借金1000万円を返済する。これに味をしめた克美は、賭けマージャン等のギャンブルで再び借金をつくり、Oに貢がせた金でその借金を返済し、その後もやりたい放題の生活を続けた。Oはホステスの収入だけでは克美に貢ぐ金が足りなくなり、ソープランドで働いて克美に貢ぎ続けた。最終的に、克美がOに貢がせた金額は、当時の金額で3500万円に達した。克美はOの岡山にある実家を訪れ、Oの親に「娘さんと結婚したい」と告げ、親戚・友人らを招いてOとの偽装結婚式をあげた。

ところが、1975年、低迷からの脱却を図るべく、東芝レコードが克美のカムバック企画“3000万円作戦”を実施。芸名表記も「克美茂」に改め、『傷』で再デビューした。このとき克美はOとの不倫が発覚してスキャンダルになることを恐れ、Oのもとを離れて妻子と暮らし始めた。その結果、克美に妻子がいたことがOに知られてしまい、Oは「マスコミに全て話してやる」と言って克美を責めた。1976年5月6日、克美はOがカムバックの足手まといになると考え、Oの首を絞めて殺害。知人が所有する自動車を借り、トランクに遺体を隠したまま羽田空港の駐車場に駐車し、北海道へ新曲披露のためのキャンペーンに出発した。5月8日、遺体が発見され、車の所有者から割り出した克美を逮捕。8月23日、東京地方裁判所にて懲役10年の実刑判決を受け服役した。

事件から7年後の1983年10月、収監されていた大阪刑務所より仮出所。かつてのバンド仲間でもある元マネージャー・大谷羊太郎推理作家)の助力を得て音楽事務所を開いた後に再婚。カラオケ教室も設立し、自ら指導をしていた。1989年5月11日、覚せい剤取締法違反(不法所持)で逮捕され、懲役8ヵ月の実刑判決を受けた。

1996年、31歳年下の夫人と4度目の結婚をするが、その後は心臓病・脳梗塞・顔面麻痺などの疾病に相次いで襲われた。後に体調は回復し、2000年代に入るとテレビ番組などのメディアにも出演するようになった。2007年12月に出版された『蘇る封印歌謡 いったい歌は誰のものなのか』(三才ブックス)の付録CDで、新録音『さすらい』『おもいやり』『エイトマン』を収録。自主制作のカセットテープなどを除けば、凡そ30年ぶりに新音源が全国発売されたことになる。

2013年10月2日、同年2月27日に脳出血により死去していたことが報じられた[3](日刊スポーツでは「群馬県内で死去」と報じているが、スポニチアネックスでは「栃木県佐野市の病院で死去」と報じている[4])。75歳だった。

ディスコグラフィー[編集]

シングル盤[編集]

  1. 霧の中のジョニー[5] c/w 恋とはこんなものなのか (1962年1月中旬臨発、JP-1357)
  2. 夜に咲く花(シャンゼリゼのブルース) c/w ワン・モア・チャンス (1962年3月下旬臨発、JP-1381)
  3. 片目のジャック c/w ドミノ・ツイスト (1962年6月下旬臨発、JP-5128)
  4. 忘られぬジョニー c/w 名も知らぬ恋 (1962年8月、JP-5142)
  5. さいはての慕情 c/w 白い流木 (1962年11月新譜、JP-5150)
  6. 霧の中のロンリー・シティー c/w 忘れておくれ (1962年11月10日臨発、JP-5164)
  7. 史上最大の作戦のマーチ[6] c/w 聖者が街にやって来る (1962年12月5日臨発、JP-5171)
  8. 悲しき渡り鳥 c/w 真夜中の慕情 (1963年1月5日発売、JP-5172)
  9. 倖せの星をたずねて c/w 夕焼けの故郷 (1963年2月15日臨発、JP-1524)
  10. 夜霧のロンリー・メン c/w ブロークン・ギター (1963年3月5日臨発、JP-5195)
  11. さすらいのマーチ c/w 青春のトランペット (1963年6月新譜、JP-5210)
  12. 走れ大地を[7] c/w 他アーティスト楽曲 (1963年8月新譜、JP-1583)
  13. メッカ c/w 想い出のサンフランシスコ (1963年9月新譜、JP-5239)
  14. 北京の55日[8] c/w エイトマン[9] (1964年1月新譜、JP-5260)
  15. さすらい[10] c/w ナナ (1964年1月新譜、TR-1005)
  16. テキサスの四人 c/w 遠い夢 (1964年4月新譜、TR-1040)
  17. くちづけ c/w 淋しがり野郎 (1964年6月新譜、TR-1057)
  18. 流転ギター c/w 霧笛 (1964年7月5日臨発、TR-1085)
  19. 悲恋道中 c/w 哀愁夜曲 (1964年10月新譜、TR-1120)
  20. 大阪エレジー c/w 東京無情 (1964年12月新譜、TP-1015) TPナンバーはステレオ盤
  21. 男じゃないか c/w 赤い夕日の地平線 (1965年1月5日発売、TP-1023)
  22. 男の夕陽 c/w 青春挽歌 (1965年4月新譜、TP-1050)
  23. 俺たちゃマドロス c/w 人形佐七 (1965年5月、TP-1072)
  24. 史上最大の作戦のマーチ c/w さいはての慕情 (1965年6月新譜、TR-1158) カップリング替えの再発盤
  25. 放浪哀歌 c/w 星空はるか[11]  (1965年8月新譜、TP-1100)
  26. ああせつなき我が心[12] c/w 望郷 (1965年9月5日、TP-1135)
  27. さいはてに泣く c/w おもかげの街 (1965年11月新譜、TP-1150)
  28. 雪山に消えたあいつ[13] c/w 曠野の星 (1966年1月5日発売、TP-1189)
  29. はてしなき恋 c/w 東京の夜は楽しく (1966年4月15日発売、TP-1251)
  30. 夜霧に死す c/w 夕陽に涙す (1966年8月15日発売、TP-1330)
  31. 渚のあなた c/w かわいた唇 (1966年10月5日発売、TP-1340)
  32. くちづけ c/w 霧笛 (1966年10月5日発売、TP-1347)
  33. 星空に祈る c/w ぼんち野郎 (1967年1月15日発売、TP-1389)
  34. 星に希いをかけるとき(WHISPERS IN DARKNESS) c/w 果てしなき恋(ENDLESS LOVE) (1967年3月15日発売、CP-1003)
  35. 夕陽の果てに c/w 荒野の男 (1967年4月15日、TP-1460)
  36. はだしの少年 c/w 黒い真珠 (1967年6月5日、TP-1479)
  37. 嵐の中の恋 c/w 流れる (1967年10月、TP-1488)
  38. 愛すればこそ君に c/w 愛よいつまでも (1967年10月5日、TP-1539)
  39. 学生音頭 c/w 他アーティスト楽曲 (1967年8月5日、TS-1013)[14](フォークダンスのレコード)
  40. 星がひとつ流れて c/w 東京の夜の物語 (1968年1月10日、TP-1587)
  41. 捨てないでおくれ c/w はるかなる旅路 (1968年3月1日、TP-1612)
  42. さすらい c/w 霧の中のジョニー (1968年4月1日、TP-1621) ベスト・カップル・シリーズでの再発盤
  43. ブルー・ナイト・イン・東京 c/w さいはての太陽 (1968年5月1日、TP-1651)
  44. ベスト・カップル・シリーズ ナナ c/w はてしなき恋 (1968年8月、TP-2025)
  45. 夜の花 c/w 虹はどこへ (1968年10月、TP-2045)
  46. 夜更けの赤坂 c/w 帰ってきたぜ (1969年2月、TP-2111)
  47. ゆるしておくれ c/w かえらぬ夜風 (1969年5月、TP-2140)
  48. 片目のジャック c/w 荒野の男 (1969年5月、TP-2145)
  49. 君を愛して c/w 若者は港へ急ごう (1970年3月、TP-2245)
  50. 男だって泣くさ c/w 真実一路 (1970年8月、TP-2307)
  51. マリア c/w 男の旅路 (1971年2月、TP-2365)
  52. 蒼空 c/w 陽のあたる丘 (1971年5月、TP-2410)
  53. 夕やけの旅路 c/w 愛していたい (1971年11月、TP-2523)
  54. 涙のブルース c/w さすらいのブルース (1972年2月5日、TP-2603)
  55. 変身 c/w 三本目の煙草 (1972年5月25日、TP-2678)
  56. 男心は誰が知る c/w 愛愁 (1973年5月、TP-2820)
  57. ヴェニスの船唄 c/w ゴンドラの唄 (1974年1月、TP-2944)
  58. 傷 c/w 明日への旅 (1975年3月、TP-20104)
  59. おもいやり[15] c/w 男泣き (1975年5月、TP-20255)

アルバム[編集]

  1. 克美しげる/霧の中のジョニー (JPO-1219)
  2. さいはての慕情/克美しげる (JPO-1267)
  3. 想い出のサン・フランシスコ/克美しげる (JPO-1321)
  4. 克美しげるヒット・アルバム (JLP-3006)
  5. さすらい/克美しげるヒット・ソング集 (TR-6003)
  6. 大阪エレジー/克美しげる (TP-6005)
  7. 克美しげる歌のプレゼント (1966年12月5日、TP-7143)
  8. 克美しげる魅惑の歌声 (TP-7193)
  9. 克美しげる/ベスト・ヒット・パレード (1970年7月1日、TR-6137/8)
  10. 克美茂 全曲集 (1975年、TP-60012)

コンパクト盤[編集]

  1. 33RPMコンパクト7 克美しげる/霧の中のジョニー (TP-4005)
  2. 33RPMコンパクト7 克美しげる/さすらい (1964年、TP-4008)
  3. 33RPMコンパクト7 克美しげる/大阪エレジー (1966年、TP-4035)
  4. 33RPMコンパクト7 克美しげる/さいはてに泣く (1966年12月5日、TP-4064)
  5. 33RPMコンパクト7 克美しげる/はてしなき恋 (1966年、TP-4085)

シートレコード[編集]

  1. 東芝フォノブック 「われら青春」~われら青春 c/w さいはての慕情 (1963年、C-094)
  2. 朝日ソノラマ「エイトマン」げきめつ サラマンダー作戦!~エイトマン (1964年6月18日、B-66)
  3. (再)朝日ソノラマ「エイトマン」げきめつ サラマンダー作戦!~エイトマン (1965年5月、M-5)

テレビドラマ[編集]

  • 東芝土曜劇場 われら青春(フジテレビ系、1962年7月7日 - 1963年4月27日)第34話
  • セブンティーン(日本テレビ系、1962年12月20日 - 1963年10月31日)
  • マンガまんがドン(日本テレビ系、1963年)
  • ドンドン道中記(日本テレビ系、1963年12月16日 - 1964年4月20日)
  • 青年同心隊(TBS系、1964年10月30日 - 1965年1月22日)第12話
  • 芸術祭参加作品 ひとびとの葬送(CBC、1964年11月13日)
  • 人形佐七捕物帳(NHK、1965年4月9日 - 1966年4月1日)

映画[編集]

成人向けDVD[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

  • 1964年 第15回「さすらい」
  • 1965年 第16回「あゝせつなきわが心」

参考文献[編集]

克美へのインタビュー記事(12ページ)、『エイトマン』『さすらい』『おもいやり』についての解説を掲載。
  • 蘇る封印歌謡 いったい歌は誰のものなのか(石橋春海著。2007年12月、三才ブックス) ISBN 9784861991097
60ページ以上にわたるインタビュー記事を掲載。新録音版『さすらい』『おもいやり』『エイトマン』を収めたCDが付録となっている。

脚注[編集]

  1. ^ 「勝己」は「己に勝つ」から、「しげる」は克美が尊敬する吉田茂から取った(『蘇る封印歌謡 いったい歌は誰のものなのか』掲載の本人談話より)。
  2. ^ a b 「うたの旅人 償いの思いを込めて歌う 克美しげる『さすらい』」朝日新聞 be on Saturday 2008年6月14日付朝刊9ページ。
  3. ^ 歌手克美しげるさん 2月に死んでいた 日刊スポーツ(2013年10月2日)
  4. ^ 元歌手の克美しげるさん死去、「エイトマン」主題歌などヒット スポニチアネックス 2013年10月2日
  5. ^ ジョン・レイトンのカバーヒット
  6. ^ ミッチ・ミラー合唱団の映画『史上最大の作戦』テーマ曲のカバー
  7. ^ 朝日新聞社撰定歌 オリンピック讃歌
  8. ^ ブラザーズ・フォアの同名映画テーマ曲のカバー。
  9. ^ この曲は2014年現在、克美の東芝時代の音源の中で唯一CD化されており、ラジオなどでオンエアされることもある。近年は『エイトマンのうた』と表記されることも。
  10. ^ この曲でNHK紅白歌合戦に初出場している。
  11. ^ 東芝レコードの月報1965年8月号では、B面曲が「夢で逢おうぜ」となっている。
  12. ^ 竹腰ひろ子『東京流れもの』、渡哲也東京流れ者』の別詞曲。NHK紅白歌合戦出場曲。
  13. ^ 元々は克美の持ち歌で、後にダーク・ダックスら複数のアーティストによって取り上げられた。
  14. ^ ユニバーシアード東京大会開催委員会監修
  15. ^ 克美の逮捕後、彼の親友でもあった黒木憲が歌いヒットした。
  16. ^ 浜田光夫主演のオールスター映画。克美は流しの役で出演、「さすらい」「愛すればこそ君に」を歌うほか、セリフや出番も多い。
  17. ^ AV監督村西とおるたっての希望により出演が実現した、4時間超のアダルトビデオ。克美はドラマ部分のみに出演し、歌も数曲披露している。

関連作品[編集]