光 (2017年の河瀬直美監督の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Radiance
監督 河瀬直美
脚本 河瀬直美
製作 澤田正道、武部由実子
出演者 永瀬正敏
水崎綾女
撮影 百々新
編集 ティナ・バス
配給 日本の旗 キノフィルムズ木下グループ
公開 2017年5月23日 (カンヌ)
日本の旗 2017年5月27日
上映時間 101分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

』(ひかり、英題:Radiance)は、2017年日本のドラマ映画。河瀬直美が監督と脚本を務め、永瀬正敏水崎綾女らが出演。弱視の男性写真家と、視覚障害者用に映画の音声ガイドを制作する女性の交流を描く。

第70回カンヌ国際映画祭ではパルム・ドールを競うメインコンペティションに選出され[1][2]、河瀬監督にとって日本人監督最多の8度目の正式出品[3]、永瀬にとって日本人俳優初の3年連続の出演作の出品となった[4]。パルム・ドールの受賞は逃したものの、エキュメニカル審査員賞を受賞し[5]、これは日本人監督作品では2000年の『EUREKA』(青山真治監督)以来2度目となった[6]

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

劇中映画『その砂の行方』[編集]

本作の劇中に登場する短編映画『その砂の行方』は、本編で藤竜也が演じる北林監督が監督と主演を務めたという設定の作品として、本編と同じチームによって手掛けられている[8]

2017年6月10日に行われた舞台挨拶で劇中映画の長さや公開予定の有無についての質問も挙がっており[9]6月30日から全編の16分が一部の劇場で本編と同時上映された[8]

製作[編集]

河瀬監督は、自身の映画『あん』で初めて音声ガイドに触れたことが本作のきっかけになったと述べている[10]

永瀬正敏が演じる雅哉の部屋にある写真はすべて永瀬本人によるもので[10]、永瀬は撮影期間中は弱視を体験できるゴーグルを常に着けていたと述べている[11]水崎綾女が務める音声ガイドの原稿は水崎本人によるもので、水崎は役を演じるにあたり『あん』の音声ガイドも自主制作した[10][11]。また永瀬と水崎は役作りのために撮影前からそれぞれの部屋のセットで生活をした[11][12]

撮影は2016年10月16日奈良県で開始した[13]

脚注[編集]

  1. ^ The 2017 Official Selection”. Cannes (2017年4月13日). 2017年4月13日閲覧。
  2. ^ 2017 Cannes Film Festival Announces Lineup: Todd Haynes, Sofia Coppola, ‘Twin Peaks’ and More”. IndieWire (2017年4月13日). 2017年4月13日閲覧。
  3. ^ 河瀬直美『光』パルムドール逃す 最高賞はスウェーデン人監督の手に:第70回カンヌ国際映画祭”. シネマトゥデイ (2017年5月29日). 2018年5月16日閲覧。
  4. ^ 永瀬正敏、日本人俳優として史上初3年連続カンヌ!河瀬直美『光』コンペ正式出品!:第70回カンヌ国際映画祭”. シネマトゥデイ (2017年4月13日). 2018年5月16日閲覧。
  5. ^ Hopewell, John (2017年5月27日). “Cannes Critics Prize ‘BPM,’ Closeness,’ ’Nothing Factory’”. Variety. 2017年5月27日閲覧。
  6. ^ 河瀬直美監督『光』カンヌでエキュメニカル審査員賞!パルムドールに弾み:第70回カンヌ国際映画祭”. シネマトゥデイ (2017年5月27日). 2018年5月16日閲覧。
  7. ^ 樹木希林、カンヌ出品作はノーギャラ出演だった!”. シネマトゥデイ (2017年5月27日). 2018年5月16日閲覧。
  8. ^ a b カンヌで受賞 河瀬直美監督作『光』劇中映画が同時上映へ”. シネマトゥデイ (2017年6月28日). 2018年5月16日閲覧。
  9. ^ 河瀬直美監督、永瀬正敏にほれた!3度目のタッグへ”. シネマトゥデイ (2017年6月10日). 2018年5月16日閲覧。
  10. ^ a b c 河瀬直美の新作「光」主演は永瀬正敏、共演に水崎綾女、神野三鈴、藤竜也”. 映画ナタリー (2016年10月31日). 2018年5月16日閲覧。
  11. ^ a b c 徹底的に自分を追い込む永瀬正敏の役者道”. シネマトゥデイ (2017年5月27日). 2018年5月16日閲覧。
  12. ^ 水崎綾女って?カンヌ常連・河瀬直美の新作ヒロイン「女優は天職」”. シネマトゥデイ (2017年5月14日). 2018年5月16日閲覧。
  13. ^ 河瀬直美の新作「光」が奈良にてクランクイン、エキストラ募集中”. 映画ナタリー (2016年10月18日). 2018年5月16日閲覧。

外部リンク[編集]