光 (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
著者 三浦しをん
発行日 2008年11月26日
発行元 集英社
日本の旗 日本
言語 日本語
ページ数 304
コード ISBN 978-4-08-771272-8
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

』(ひかり)は、三浦しをんによる日本の小説、およびそれを原作とする日本の映画。

小説は2008年11月に集英社より出版され、2013年10月に集英社文庫より文庫化された。2017年11月に大森立嗣監督により映画化された。

あらすじ[編集]

映画[編集]

監督 大森立嗣
脚本 大森立嗣
原作 三浦しをん『光』
製作 近藤貴彦
製作総指揮 小西啓介
出演者 井浦新
瑛太
長谷川京子
橋本マナミ
音楽 ジェフ・ミルズ
撮影 槇憲治
編集 早野亮
配給 ファントム・フィルム
公開 日本の旗 2017年11月25日
上映時間 137分
製作国 日本の旗 日本
テンプレートを表示

』(ひかり)は、2017年日本サスペンス映画大森立嗣が監督と脚本を務める。大森監督が三浦しをんの作品を映画化するのは、『まほろ駅前多田便利軒』『まほろ駅前狂騒曲』に続き3度目。出演は、監督の『さよなら渓谷』に出演した井浦新と、『まほろ駅前多田便利軒』をはじめ3度目の監督とのタッグとなる瑛太[1]。井浦と瑛太は初共演となる[2]

2017年10月31日、第12回ローマ国際映画祭のオフィシャル・セレクションで上映された[3]

キャスト[編集]

製作[編集]

撮影は2016年8月20日から9月27日にかけて利島川崎市近郊で行われた[1]

脚注[編集]

外部リンク[編集]