光風貞太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

光風貞太郎(てるかぜ さだたろう、1894年10月1日1941年11月24日)は、秋田県由利郡子吉村(現在の由利本荘市)出身で1920年代に活躍した大相撲力士である。本名は小番 貞藏。身長178cm、体重94kg。最高位は西小結1926年1月場所)。得意技は突っ張り、押し、寄り。引退後は年寄待乳山として後進の指導につとめた。

来歴[編集]

横綱大砲の待乳山部屋に入門[1]1914年1月場所に初土俵をふんだ。その後、師匠の死のために出羽海部屋に移籍した。1919年1月に新十両、1922年1月場所に入幕した。突き押し得意であったが、幕内中堅力士として腰を据えていた。1925年が最盛期で、1月場所は8勝2敗、5月場所には大関太刀光を引き落としに破る殊勲の星も含めて7勝3敗1分と連続して勝ち越し、1926年1月場所に小結に昇進した[1]。しかしその場所、3勝7敗と負け越すと、その後は土俵に上がることなく休場を続け、1927年3月場所限りで引退、年寄待乳山を襲名した。

引退後の1930年5月に部屋を興したが関取を出すことなく、1934年5月に部屋を閉じた。その後1941年5月場所限りで年寄も廃業し、まもなく亡くなった。

主な成績[編集]

  • 通算成績:88勝61敗5分2預48休 勝率.591
  • 幕内成績:38勝39敗4分45休 勝率.494
  • 現役在位:27場所
  • 幕内在位:12場所
  • 三役在位:1場所 (小結1場所)
  • 各段優勝
    • 序ノ口優勝:1回(1915年6月場所)

場所別成績[編集]

光風貞太郎
春場所 三月場所 夏場所 秋場所
1914年
(大正3年)
(前相撲) x 東序ノ口33枚目
3–2 
x
1915年
(大正4年)
x x 東序ノ口17枚目
優勝
5–0
x
1916年
(大正5年)
西序二段41枚目
3–1–1 
x 西序二段8枚目
4–1 
x
1917年
(大正6年)
東三段目46枚目
4–1 
x 東三段目14枚目
2–2
(1預)
 
x
1918年
(大正7年)
東三段目2枚目
4–1 
x 東幕下24枚目
4–0
(1引分)
 
x
1919年
(大正8年)
東十両11枚目
2–2
(1預)
 
x 西十両14枚目
3–2 
x
1920年
(大正9年)
西十両12枚目
4–1 
x 西十両4枚目
3–5 
x
1921年
(大正10年)
東十両9枚目
4–1 
x 東十両2枚目
5–3 
x
1922年
(大正11年)
東前頭11枚目
5–5 
x 西前頭3枚目
5–5 
x
1923年
(大正12年)
東前頭4枚目
3–6–1 
x 西前頭9枚目
4–7 
x
1924年
(大正13年)
西前頭12枚目
3–4
(3引分)
 
x 東前頭10枚目
0–0–11 
x
1925年
(大正14年)
東前頭17枚目
8–2–1 
x 西前頭6枚目
7–3
(1引分)
 
x
1926年
(大正15年)
西小結
3–7–1 
x 東前頭3枚目
0–0–11 
x
1927年
(昭和2年)
西前頭12枚目
0–0–11 
西前頭12枚目
引退
0–0–11
x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

脚注[編集]

  1. ^ a b ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(1) 出羽海部屋・春日野部屋 』(2017年、B・B・MOOK)p24


関連項目[編集]