弥勒菩薩光臨堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
光臨堂から転送)
移動先: 案内検索

座標: 北緯35度47分40秒 東経140度29分19秒 / 北緯35.794401度 東経140.488495度 / 35.794401; 140.488495 (Korindo (Raëlian temple))

ラエリエン・マーク
弥勒菩薩光臨堂(2010年)

弥勒菩薩光臨堂(みろくぼさつこうりんどう)は千葉県多古町にあるラエリアン・ムーブメントの施設(寺院)である。この施設は、エロハと瞑想に捧げられた最初に作られた施設である。[1][2]

「光臨」の語は空よりの光を意味する。[2]

光臨堂は2010年10月7日にラエルとエロハの第2回遭遇の35周年を記念して開設された。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Beyer, Catherine (2010年12月19日). “Raelians Build First Elohim Temple”. About.com Guide. 2011年8月17日閲覧。
  2. ^ a b The Korindo, first Raelian temple dedicated to the Elohim”. Raelianews. 2011年8月17日閲覧。

外部リンク[編集]