光永泰一朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

光永泰一朗(みつなが たいちろう、1976年9月12日 - )は日本のシンガーソングライターである。静岡県富士市出身。身長185cm。血液型はB型。

弟は歌手の光永亮太、妻はFUZZY CONTROLのSATOKO。義父はドラマーの菅沼孝三

略歴[編集]

  • 2歳まで出生地の静岡県富士市で育ったのち、東京都江東区に移った(そのため出身地が東京都となっている場合もある)。
  • 父の仕事の関係で8歳から14歳までをイリノイ州シカゴ近郊のシャンバーグで過ごす。この間フィル・コリンズなどに影響されてまずおもちゃのドラムセットを叩くようになり、小学校高学年からは日本人学校の中学部の先輩らとバンドを組んで本物のドラムスを担当した。
  • 帰国後はバスケットボールに打ち込む。1994年慶應義塾高等学校3年のときにはバスケットボール部のキャプテンを務め、またわかしゃち国体に少年男子バスケットボールの神奈川県代表選手として出場した。
  • 2001年、新田雄一、小越啓史らとスリーピースバンドCOVERを結成。
  • 2004年、小越の脱退に伴いバンド名を「BLUE AGE ORCHESTRA」に改名。シングル2枚をリリースし、アルバム制作の準備も進んでいたが、2005年3月いっぱいでレコード会社との契約を終了。
  • 2005年10月より、下北沢440を会場とするライブシリーズ「Off the Record Productions(略称:オフレコ)」を自らたちあげ、ライブを中心としたソロシンガー活動を開始。
  • 2007年コロムビアミュージックエンタテインメントのレーベルJ's Records第1号アーティストとして、アルバム『僕はここにいるよ』でソロデビュー。
  • 2007年10月から11月にかけて、米倉利紀「toshinori YONEKURA concert tour 2007-gotta crush on..... volume. six- samurai quality」にバックグラウンドヴォーカルとして参加。
  • 2012年9月、歌手で作曲家の澤田かおりと結婚した事を自身のブログで発表[1]
  • 2013年12月、弟の亮太と共にユニット「ユメノツヅキ」を結成。「Vo.、Cho.、小道具、作詞」を担当している[2]
  • 2017年、ミュージカル『RENT』でコリンズ役に抜擢[3]
  • 2018年5月1日、澤田かおりと協議離婚したことを自身のブログで報告した[4]
  • 2020年2月29日、FUZZY CONTROLのSATOKOと結婚したことを、自身のブログで発表[5]
  • 2020年6月1日、第一子となる女児が誕生[6]

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  1. 僕はここにいるよ2007年8月22日
    1. WELCOME TO THE SHOW Feat. GIORGIO13(From So' Fly
    2. STORY
    3. Waiting
    4. 僕はここにいるよ
    5. With You
    6. あしたへ
    7. ひとつぼし
  2. その先へ2012年9月12日)
    1. Sing Your Song
    2. その先へ
    3. Backmirror
    4. あなたという花
    5. Reason 4 Seasons
    6. Traveller
    7. Breathe on my lips
    8. What's on your mind?
    9. 終わりゆくもの
    10. 空を見上げて

参加作品[編集]

  1. 「Get UR Dream feat. Taichiro Mitsunaga」
    • DESTINO「Get UR Dream」(2007年5月2日)2曲目
  2. 「After the Laughter feat. 光永亮太 and 光永泰一朗」
    • Micro of Def Tech「Laid Back」(2007年8月8日)13曲目
    • 詞・曲(いずれもMicroおよび亮太との共作)、ヴォーカルで参加
  3. 「Aah Iaaa feat. 光永泰一朗」
    • So' Fly「STARLIGHT VAGABOND 〜LUVS COLLECTION〜」(2007年12月19日)4曲目
  4. 「Nuthin' but summer feat. 光永泰一朗」
  5. 「Twisty Love」
  6. 「ALWAYS featuring Taichiro Mitsunaga and Ryota Mitsunaga」
    • 大黒摩季「LUXURY 22-24PM」Disc2:6曲目 ※Atlantic Starrをカバー・光永亮太と共にゲストヴォーカルで参加
  7. 「群青の空」
  8. 「空を見上げて 〜Acoustic Version〜」
    • はちたまコンピレーション・アルバム「LOVE THE EARTH」9曲目
  9. 「FAKE REALITY feat. 光永泰一朗, KAZMANIAC」
    • NERDHEAD「BEGINNING OF THE END」(2010年4月7日)7曲目

主な出演[編集]

舞台[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大切なご報告
  2. ^ http://nicofactory.co.jp/profile
  3. ^ a b “2017年版「RENT」村井良大、堂珍嘉邦、超新星ユナクら続投”. ステージナタリー. (2016年12月8日). http://natalie.mu/stage/news/212359 2016年12月8日閲覧。 
  4. ^ 「ご報告」
  5. ^ “ファジコンSATOKO 光永泰一朗と再婚 5月に第1子出産予定「柄にもなくマリッジブルーにも」”. スポーツニッポン新聞社. (2020年2月29日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/02/29/kiji/20200229s00041000317000c.html 2020年2月29日閲覧。 
  6. ^ “FUZZY CONTROLのSATOKO第1子出産をブログで報告「パンチパーマで眉なしでデコッパチ」”. 音楽ナタリー. (2020年6月2日). https://natalie.mu/music/news/381597 2020年6月24日閲覧。 

外部リンク[編集]