光永康則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
光永 康則
(みつなが やすのり)
生誕 日本の旗 日本静岡県浜松市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
代表作怪物王女
テンプレートを表示

光永 康則(みつなが やすのり)は、日本漫画家静岡県浜松市出身。つながみという別名義を用いることもある[1]

人物[編集]

上京後、中原裕アシスタントを務める。

代表作の『怪物王女』は2007年、テレビアニメ化された。

自画像には「煙草を吸っている小さなクリーチャー」の画像を使用している。このキャラクターは『怪物王女』第23話の裁判シーンにおいて弁護士としても登場している。

幼いころに入院中の病室で読んだ『ドラえもん』に感銘を受け[2]、それ以来藤子・F・不二雄藤子不二雄Aの作品を濫読し[3]、現在でも「藤子先生は僕にとっては神のような存在」と公言する[2]。趣味の一つに野球があり、真保裕一橋本孤蔵らとともに、中原裕の主宰する草野球チームに所属していた。

デビュー以前からオートバイを趣味としており、現在も日帰りのソロツーリングを楽しむ様子がTwitterなどで語られている。

作品一覧[編集]

連載中[編集]

連載終了[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 魔法少女の服が破けて見事なおっぱいが露出する「まじカライズ」 :にゅーあきばどっとこむ
  2. ^ a b 光永康則原作、月刊少年シリウス編集部監修『怪物王女 OFFICIAL FANBOOK』講談社、2007年8月23日、65頁。
  3. ^ 光永康則原作、月刊少年シリウス編集部監修『怪物王女 OFFICIAL FANBOOK』講談社、2007年8月23日、66頁。

外部リンク[編集]