光明院 (杉並区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
光明院
Jiunzan komyoin ogikubo suginami tokyo.JPG
山門
所在地 東京都杉並区上荻2-1-3
位置 北緯35度42分17.1秒
東経139度36分54.5秒
座標: 北緯35度42分17.1秒 東経139度36分54.5秒
山号 慈雲山(じうんざん)
宗派 真言宗豊山派
本尊 千手観音
創建年 伝・和銅元年(708年)
正式名 慈雲山 荻寺 光明院
法人番号 2011305000302
光明院 (杉並区)の位置(東京都区部内)
光明院 (杉並区)
テンプレートを表示

光明院(こうみょういん)は、東京都杉並区上荻二丁目にある真言宗豊山派の寺院。

創建は奈良時代以前と伝わっており、杉並区でも屈指の古刹と言われている。正式名称は慈雲山荻寺光明院といい、駅名にもなり当地付近の地名である・荻窪の由来になった寺と言われている[1]

歴史[編集]

言い伝えによると奈良時代以前の和銅元年(708年)に名僧・行基作の仏像を背負って遊行していた僧がこの地を通りかかった際に、急にその仏像が重くなり、運べなくなったのでまわりがでいっぱいだった当地にお堂を作って仏像を安置したのが当寺院の始まりであると言われている[1]。あたりが荻だらけだった当寺院は荻寺と呼ばれ、それが荻窪の地名のルーツになったと言われている。

本尊の千手観音は南北朝時代の作とされており、境内には本尊と同時代に作られたとみられるなどが出土しており南北朝時代には当寺院の基礎は出来ていたと言われている。

江戸時代は本尊は「荻窪の観音様」と言われており、人々から厚く信仰されていた[2]

明治時代になり付近に甲武鉄道(現在の中央線快速)が通ることになり、本堂が移動した。

施設・史跡[編集]

  • 本堂…天保11年に造られたものを1969年に現在地に移築したもの。
  • 閻魔堂…閻魔大王を祀っている
  • 泣きべそ地蔵
  • 慈雲殿…小斎場(檀信徒以外も利用可)・納骨堂などがある。
  • 観音ホール…大斎場。150名まで利用可。
  • 荻の小径
  • 光明院菩提堂
  • 鐘楼
  • 墓地…現在は中央線の線路によって本堂などある場所から分断されている。

主な行事[編集]

エピソード[編集]

当寺院付近にある四面堂(現在の「四面道」)や「堂前」という地名も当寺院に由来するとされている[2]

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 光明院公式サイト
  2. ^ a b 杉並区教育委員会掲示板

外部リンク[編集]