光成準治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

光成 準治(みつなり じゅんじ、1963年 - )は、日本史学者。

略歴[編集]

大阪府豊中市生まれ、広島県で育つ。広島県庁勤務ののち、2006年九州大学大学院比較社会文化学府博士課程修了、「日本中・近世移行期大名領国における社会構造の研究」で博士(比較社会文化)。鈴峯女子短期大学非常勤講師、LEC専任講師。専攻は日本中・近世移行期史、空間構造史[1]

著書[編集]

編著[編集]

  • 吉川広家』 (シリーズ・織豊大名の研究) 編著 戎光祥出版 2016

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『毛利輝元』著者紹介