光悦村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

光悦村(こうえつむら)は、本阿弥光悦らが営んだ江戸時代初期の芸術村。

概要[編集]

本阿弥光悦が、江戸幕府から与えられた、京都鷹峯の地に、さまざまな分野の、町衆の文化人や職人、芸術家たちを集めて、独自の文化を築きあげた。

大虚庵(光悦寺)光悦垣
大虚庵(光悦寺)光悦垣
家康に与えられた鷹峰光悦村以前の本阿弥光悦京屋敷跡
家康に与えられた鷹峰光悦村以前の本阿弥光悦京屋敷跡

光悦の屋敷跡は光悦寺(京都市北区鷹峯光悦町)といわれる。

京都府は平成12年度より日本の芸術や工芸の発展に大きく貢献した「鷹ヶ峰光悦村」の精神を継承し、これからの産業やモノづくりのあり方を示す新しいスタイルの産業拠点として京都府南丹市園部町に「京都新光悦村」及び「道の駅京都新光悦村」を整備した。

関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]