光免疫療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

光免疫療法(ひかりめんえきりょうほう)は、2011年日本人を中心とする研究グループが開発した新しいがん治療法で、2016年4月アメリカ食品医薬品局(FDA)から認可を受けた。略してPITまたは、近赤外光線免疫療法(NIR-PIT)[1]

概要[編集]

2011年11月6日米国国立がん研究所(NCI)と米国国立衛生研究所(NIH)の主任研究員である小林久隆らの研究グループが、ネイチャー・メディシン誌上にて、その開発を発表した。この療法は、特殊な薬品と近赤外線を使いがん細胞を破壊するものである。近赤外線は、損傷を与えることなく生体組織内部に到達することが可能である。近赤外線を照射することで抗体薬剤が結合した細胞を選択的に細胞膜を破壊し、破壊後のすべての抗体が免疫系に露出することで生体内で超選択的ながん細胞の死滅だけにとどまらず、破壊されたがん細胞の残骸に含有されるがんの特異的抗原に免疫反応を惹起するため、照射した箇所以外のがん細胞や転移したがん細胞にさえ効果を及ぼす可能性がある。小林らはNIR-PIT が、臨床的にがん治療のアプローチを根本的に変える可能性があると考えている[2]オバマ大統領2012年一般教書演説でこの治療法の発見について言及した[3]。また、例えばiPS細胞による臓器網膜用の細胞シートの作成時に悪性の細胞が混入することで発がん性を示す心配が懸念されるが、そこにこの抗体をかけて光を当てれば、悪性の細胞を一瞬ですべて破壊して除去する事が可能で他の正常な細胞にはダメージを与えずに安全なiPS細胞シートや人工臓器の作成が可能になる事で再生医療にも役立つ事が期待される[3]

機序[編集]

がん特有の部分に付随する抗体というタンパク質と、その抗体と対になっているフタロシアニンとも呼ばれるIR700という色素がポイントとなる[3]。IR700は、波長700nmの近赤外線を受けると吸収し化学変化を起し、光エネルギーを吸収して発熱することでがんにダメージを与えうる。この抗体‐光吸収体(IR700)接合体は、標的分子に結合しているときのみ近赤外線によって活性化されるよう設計されている[3]。この抗体‐光吸収体接合体は、ヒトマウスに注入後、抗体の標的を過剰発現するがん細胞と結合、そこに近赤外線を照射するとがん細胞は急速に膨張、破壊、壊死のステップを踏み免疫原性細胞死に至らしめる[1]

小林らは、がんの増殖アクセル役を果たしている上皮細胞増殖因子受容体(EGFR)に結合する抗体とIR700を結合させた薬を作り、シャーレ内でヒトのがん細胞でEGFRを発しているA431細胞に作製した薬を培養液に加え、それに近赤外線を照射するとすぐにがん細胞が死ぬことを確認。さらに、動物実験としてA431細胞をマウスに移植、同様に薬を投与後、近赤外線を照射しがんを縮小させる実験に成功、薬ががん細胞の内側よりもがんの表面で効果をあらわしていることを発見。

キラーT細胞の活性化[編集]

NIR-PITに反応して破裂、壊死したがん細胞からは、細胞内の物質が細胞外へ放出されるが、近接する免疫系はこれらを異物として感知し、がん細胞を破壊する免疫細胞であるキラーT細胞が、制御性T細胞(Treg)という他の免疫細胞によって抑制されていたものが、マウスでの実験では急速かつ選択的にTregが除去され、1時間以内にキラーT細胞であるがん細胞傷害性T細胞活性化し、マウスの延命効果が確認された。すなわち、活性化キラーT細胞が、治療済みの腫瘍から他の部位の腫瘍に到達し、顕著な免疫反応を著した。このTreg除去法では、腫瘍の種類毎に特異的に発現する分子を狙い撃つための多種多様な抗体を作る必要がないというメリットがある。

副作用[編集]

薬は、がん細胞に結合しない限り人体に害はないことを確認。副作用の少ない療法であるとしている[3]

臨床試験[編集]

頭頸部がんの10人ほどを対象に、近赤外線を当てずに安全性を確認後、20人前後で近赤外線を照射し効果を検証する予定。

応用[編集]

共同研究者である医師のPeter Choykeによると、手術が困難な中皮腫に対し、術後にNIR-PITを施すことで切除しきれなかった残存がんの掃討が可能と推測される。

小林久隆[編集]

小林は医師として11年の臨床経験があり、放射線診断、核医学消化器内視鏡の専門医でもあった。光免疫療法の研究開発により、3回のNIH Tech Transfer Awardを受賞。NCIでは今世紀初の日本人テニュア主任研究員となる。第38回日本核医学賞等受賞。アメリカ化学会の雑誌をはじめ、欧米の7誌で編集委員を、複数の国際学会でプログラム委員を務める[4]

略歴[編集]

以上[4]

脚注[編集]

文献[編集]

外部リンク[編集]