先生、好きです。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
先生、好きです。
ジャンル 少年漫画ラブコメディ学園漫画
漫画
作者 三浦糀
出版社 講談社
掲載誌 週刊少年マガジンマガジンポケット
レーベル 講談社コミックス
発表期間 2017年12月27日[1] - 2018年8月29日[2]
巻数 全4巻
話数 全33話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

先生、好きです。』(せんせいすきです)は、三浦糀による日本少年漫画。高校教師と女子高生の交流を描いたラブコメディであり[1]、恋愛に奥手な教師が生徒に翻弄されながらも成長する姿を描く[3]

本作の原型は、講談社のマンガアプリ『マガジンポケット』に掲載された同名の読み切りである。この読み切りが『マガジンポケット』のコンテストで優勝という結果を残し、『週刊少年マガジン』(講談社)2017年25号に掲載された[4]。さらに『週刊少年マガジン』でも反響を呼んだため、『週刊少年マガジン』2018年4・5合併号より連載が開始された[1]。その後、『マガジンポケット』への移籍を経て、2018年8月29日、完結した。全33話。

あらすじ[編集]

高校教師の樋口夕樹は、ある日、市川という生徒から告白される。それまで恋愛に縁がなかった樋口はこの事態に戸惑うが、さらに授業中に渡辺玉緒という生徒からも告白される。樋口は悩んだ末、市川と渡辺に対し、2人のうちどちらかを好きになったら、そのときは自分から告白する、と返答する。

その後、林間学校が開催される。林間学校の期間中、かねてから樋口への恋心をオープンにしていた渡辺は、周囲から樋口との仲を持て囃される。一方、樋口の立場を慮って周囲に自分の恋心を隠していた市川は、その光景を見て胸を痛める。市川の苦しみを知った樋口は、2人のどちらとも交際しないという道を選ぼうとするが、同僚からアドバイスを受け、改めて2人と向き合うことを決意する。そして2人が高校を卒業する日、樋口は2人を呼び出し、渡辺を好きになったことを伝える。

市川と渡辺が高校を卒業した日から6年後、樋口が渡辺にプロポーズしたところで物語は終わる。

登場人物[編集]

樋口 夕樹(ひぐち ゆうき)
本作の主人公[5]。2年桜組の担任教師で、担当科目は国語。真面目な性格で[1]、物語開始時点では恋愛経験がなかった。
市川(いちかわ)
本作のヒロインの1人で、2年桜組のクラス委員。
明るい性格で人当たりが良い[6]。樋口に好意を抱いており、彼に女性として見てもらおうと積極的にアプローチする[7]
渡辺 玉緒(わたなべ たまお)
本作のヒロインの1人で、2年桜組のクラス委員。天文部の部員。堅い性格で、クラスメイトに対しても敬語で話す。成績は優秀だが、料理は苦手。
中学時代に樋口と出会い、玉緒という名前を「素敵」だと言われたことで彼に好意を抱く。

書誌情報[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d ド直球JKが童貞高校教師に猛アタック「先生、好きです。」週マガで連載化”. コミックナタリー. ナターシャ (2017年12月27日). 2018年2月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月19日閲覧。
  2. ^ 先生、好きです。”. マガジンポケット. 講談社. 2019年6月14日閲覧。
  3. ^ 京佳:マンガ「先生、好きです。」の制服コスプレ披露 コラボイベント開催”. MANTANWEB. MANTAN (2018年3月12日). 2018年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月19日閲覧。
  4. ^ 「マガジン」25号の読み切り『先生、好きです。』に反響続々! JKと教師のエロキュンストーリー”. ダ・ヴィンチニュース (2017年5月29日). 2018年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月19日閲覧。
  5. ^ 夢アド京佳、JKなりきりで告白イベント「めっちゃ恥ずかしい」”. ORICON NEWS. oricon ME (2018年3月16日). 2018年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月19日閲覧。
  6. ^ 三浦糀『先生、好きです。 1』講談社、2018年、66頁。ISBN 978-4-06-510979-3
  7. ^ せんせ……キスって気持ちいいんですか、教えてください『先生、好きです。』”. ねとらぼ (2017年12月27日). 2018年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月19日閲覧。

講談社コミックプラス[編集]

以下の出典は『講談社コミックプラス』(講談社)内のページ。書誌情報の発売日の出典としている。

  1. ^ 先生、好きです。 (1)”. 2018年5月18日閲覧。
  2. ^ 先生、好きです。 (2)”. 2018年5月18日閲覧。
  3. ^ 先生、好きです。 (3)”. 2018年7月21日閲覧。
  4. ^ 先生、好きです。 (4)”. 2018年10月17日閲覧。

外部リンク[編集]