先生!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
先生!
ジャンル 少女漫画学園漫画
漫画
作者 河原和音
出版社 集英社
掲載誌 別冊マーガレット
レーベル マーガレットコミックス
発表号 1996年10月号 - 2003年7月号
発表期間 1996年 - 2003年
巻数 20巻
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

先生!』(せんせい)は、河原和音による漫画作品。集英社の『別冊マーガレット』で1996年から2003年まで連載された。単行本は集英社の「マーガレットコミックス」から全20巻。文庫コミックも同社から全11巻が刊行されている。

高校生島田響と同じ学校の教師伊藤貢作との恋愛を、受験・親友・ライバルの出現と絡めて描いている。

2017年に映画化作品が公開(後述)。

あらすじ[編集]

主人公の今まで生きてきた人生で恋をしたことがない女子高生・島田響が教師・伊藤貢作に恋に落ちたことで、その後の恋愛模様を描いた作品。

登場人物[編集]

※ 演は映画キャスト。

島田 響(しまだ ひびき)
演 - 広瀬すず[1]
主人公。弓道部員。教師の伊藤と付き合うようになる。嘘が下手で、すぐにばれる。身長163cm。体重46kg。血液型A型。
伊藤 貢作(いとう こうさく)
演 - 生田斗真[1]
社会科(世界史)教師。元彼女と別れてから女性不信に陥り、響に告白されるも心を開かずにいたが、響の想いに動かされて付き合うようになる。身長が190cmで、響いわく「電柱みたい」。6月23日生まれ。血液型B型。
千草 恵(ちぐさ めぐみ)
演 - 森川葵[2]
響の親友。弓道部員。好きな人がころころと変わる。渚と付き合うようになる。
河合 浩介(かわい こうすけ)
演 - 竜星涼[2]
響の親友。弓道部部長。プライドが高く、自分が女子からもてる事を自覚している。学校の成績も良い。中島のことを好きになる。
中島 幸子(なかじま さちこ)
演 - 比嘉愛未[2]
美術教師。伊藤に告白するも振られる。それからは響と伊藤の恋を応援し、相談にも乗ってくれる理解者になる。中学生の頃の失恋が原因で心を閉ざしてきたが、浩介の本気の気持ちに、徐々に自分らしさを取り戻していく。
渡辺 渚(わたなべ なぎさ)
響や千草の二年後輩。弓道部員。初めは響のことを好きになるが、後に千草のことを好きになり、付き合うようになる。

書籍情報[編集]

ドラマCD[編集]

  • 先生! サウンドストーリー 2003年06月25日発売

小説[編集]

単行本未収録作品[編集]

  • 先生!スピンオフ[5](『別冊マーガレット』2017年11月号)

映画[編集]

先生!
、、、好きになってもいいですか?
My Teacher
監督 三木孝浩
脚本 岡田磨里
原作 河原和音「先生!」
製作 濱名一哉
幾野明子
製作総指揮 高橋雅美
平野隆
出演者 生田斗真
広瀬すず
竜星涼
森川葵
健太郎
中村倫也
比嘉愛未
八木亜希子
森本レオ
音楽 mio-sotido
主題歌 スピッツ歌ウサギ
撮影 山田康介
編集 伊藤潤一
制作会社 ドラゴンフライ エンタテインメント
製作会社 映画「先生!」製作委員会
配給 ワーナー・ブラザース映画
公開 日本の旗 2017年10月28日
上映時間 113分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 6億8000万円[6]
テンプレートを表示

先生!、、、好きになってもいいですか?』(せんせい すきになってもいいですか)のタイトルで2017年10月28日に公開。監督は三木孝浩[1]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c “生田斗真と広瀬すずが初共演、河原和音のマンガ「先生!」実写化”. 映画ナタリー. (2016年10月27日). http://natalie.mu/eiga/news/206897 2016年10月27日閲覧。 
  2. ^ a b c 生田斗真×広瀬すず「先生!」に竜星涼、森川葵、健太郎ら参戦”. 映画.com (2016年12月5日). 2016年12月5日閲覧。
  3. ^ 映画ノベライズ 先生! 、、、好きになってもいいですか?|岡本 千紘|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2017年10月27日閲覧。
  4. ^ 先生! 、、、好きになってもいいですか? 映画ノベライズ みらい文庫版|はのまきみ|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2017年10月27日閲覧。
  5. ^ 河原和音「先生!」本編から数年後を描いた2ページのスピンオフが別マに”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2017年10月13日). 2017年10月14日閲覧。
  6. ^ キネマ旬報』2018年3月下旬 映画業界決算特別号 p.33
  7. ^ a b “生田斗真×広瀬すず「先生!」に竜星涼、森川葵、健太郎、中村倫也、比嘉愛未出演”. 映画ナタリー. (2016年12月5日). http://natalie.mu/eiga/news/211801 2016年12月5日閲覧。 
  8. ^ “河原和音「先生!」生田斗真×広瀬すずで映画化!監督は三木孝浩、脚本は岡田麿里”. コミックナタリー. (2016年10月27日). http://natalie.mu/comic/news/207001 2016年10月27日閲覧。 

外部リンク[編集]