先天性代謝異常症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

先天性代謝異常症(せんてんせいたいしゃいじょうしょう)とは、生まれつき特定の酵素が欠損していたりして、代謝の働きが阻害されているため起きる症状である。主な原因としては、両親に遺伝的な要因が潜んでいて、その組み合わせが悪いと子供に症状が出てしまう。

診断方法[編集]

出産前予見[編集]

出産後診断[編集]

先天性代謝異常症の例[編集]

外部リンク[編集]