元鬱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

元鬱(げん うつ、462年 - 491年)は、北魏皇族。済陰王。は伏生。

経歴[編集]

拓跋小新成の子として生まれた。470年皇興4年)、済陰王の爵位を嗣いだ。480年太和4年)、使持節・征北都大将に任じられ、柔然の別部の阿延軍を討った。凱旋すると、侍中沃野鎮都大将に転じた。後に征東大将軍・懐朔鎮都大将となり、さらに開府・徐州刺史として出向した。491年(太和15年)6月、不正な蓄財のため死罪となり、封を除かれた。

妻子[編集]

[編集]

[編集]

  • 元弼(字は邕明、中散大夫)
  • 元安明[要出典]

伝記資料[編集]

  • 魏書』巻19上 列伝第7上
  • 北史』巻17 列伝第5
  • 大魏故使持節侍中徐州諸軍事開府徐州刺史済陰王墓誌之銘(元鬱墓誌)