元永好多朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
元永好多朗
Kotaro MOTONAGA
Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム もとなが こうたろう
ラテン文字 Kotaro MOTONAGA
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 長距離走
所属 宇部工業高等専門学校
帝京大学
大学 帝京大学
生年月日 (2000-07-31) 2000年7月31日(22歳)
出身地 山口県宇部市
居住地 宇部市
身長 167cm
体重 53kg
コーチ 中野孝行
5000m 14分22秒45
10000m 29分45秒82
ハーフマラソン 1時間4分12秒
マラソン 2時間17分6秒
編集 テンプレートのヘルプを表示する

元永好多朗(もとなが こうたろう、2000年7月31日 - )は、山口県宇部市出身の陸上競技選手。 専門は長距離種目宇部工業高等専門学校中退。帝京大学医療技術学部在学。

来歴・人物[編集]

宇部高専時代[編集]

2016年に宇部工業高等専門学校に進学。叔父の櫛部静二に憧れ陸上競技を始める。

宇部高専3年時には全国高等専門学校体育大会で5000m準優勝、3000mSCでは大会新記録で優勝を飾る。

2018年12月に行われた維新の里 萩城下町マラソンのハーフマラソンでは1時間7分21秒で優勝し日本高専記録を樹立した。

5年制の高等専門学校の課程を3年で中退し、帝京大学に進学した。


帝京大学時代[編集]

3年時の第98回東京箱根間往復大学駅伝競走では7区にエントリーされたものの、当日に福島渉太に変更されている。

4年時の4月に行われたかすみがうらマラソンではウルトラマラソン世界記録保持者の風見尚第92回箱根駅伝5区区間賞のダニエル・ムイバ・キトニーらを抑えて優勝。豪シドニーで行われるシドニーマラソン派遣を獲得した。

駅伝競走部の広報「帝京SCOOP!」の記者を担当している。

主な戦績[編集]

・高専1年時

  • 全国高専大会 5000m 9位 15分58秒66

・高専2年時

  • 全国高専大会 5000m 3位 15分23秒83

・高専3年時

  • 全国高専大会 5000m 2位 15分29秒22
  • 全国高専大会 3000sc 1位 9分21秒39
  • 維新の里萩城下町マラソン ハーフマラソン 1時間7分21秒 優勝

・大学3年時

  • 関東インカレ 2部 ハーフマラソン 1時間5分2秒 30位
  • かすみがうらマラソン兼国際ブラインドマラソン2022 2時間17分6秒 優勝。

自己記録[編集]

  • 5000m - 14分22秒45 (2021年7月11日:国士舘競技会)
  • 10000m - 29分45秒82 (2021年4月24日:日体大記録会)
  • 3000mSC - 9分21秒39 (2018年8月19日:全国高専大会)


脚注[編集]

帝京大学駅伝競走部帝京大学駅伝競走部公式HP

箱根駅伝選手名鑑

男子フルは元永好多朗がV3年ぶり開催のかすみがうらマラソン

マラソンで活躍が続く帝京大。名ランナーのおじを持つ元永が【かすみがうらマラソン】で初優勝

【箱根駅伝エントリー】全日本13位からの挽回を期す帝京大 3区スペシャリストの遠藤大地、前回5区区間賞の細谷翔馬ら4年生7人がメンバー入り

関連項目[編集]