元均 (西魏)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

元均(げん きん、生没年不詳)は、西魏皇族。安昌王。名は子均(しきん)ともいう。

経歴[編集]

元修義の子として生まれた。北魏末年に給事黄門侍郎となった。後に西魏に入って、安昌王に封じられ、開府儀同三司の位を受けた。死去すると、司空の位を追贈された。は平といった。

子女[編集]

  • 元則(は孝規、安昌王の爵位を嗣ぎ、義州刺史となった。北周に仕えて小冢宰、江陵総管をつとめた。子の元文都が知られた)
  • 元矩(字は孝矩)
  • 元雅(字は孝方、開皇年間に左領左右将軍や集沁二州刺史を歴任し、順陽郡公に封じられた)
  • 元褒(字は孝整)

伝記資料[編集]

  • 魏書』巻19上 列伝第7上
  • 北史』巻17 列伝第5