元吉庸泰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

元吉庸泰(もとよし つねやす、5月16日 - )は、日本の舞台演出家・男性俳優モデルである。千葉県出身。明治大学在学中に芸能活動をはじめ、モデルとしてテレビ、CM、雑誌、広告等で活躍。現在は自身の劇団の活動、演出、演出助手など裏方に専念する。

自ら劇団エムキチビートの主宰も務め、ほぼ全作品の脚本と演出を手がける。 2010年より、かねてより師事していた鴻上尚史主宰の虚構の劇団の演出部にも所属。演出家として活躍する一方、演出家の板垣恭一深作健太辻仁成鈴木裕美小林香河原雅彦西田シャトナーなど一線で活躍する演出家の演出助手も務める。

出演作品[編集]

舞台[編集]

  • 望月六郎脚本演出DOGADOGA+『贋作 人形の家』主演 マリヲ役
  • 望月六郎脚本演出DOGADOGA+『贋作 春琴抄』 主演 大杉栄役
  • 豊島未来文化財団主催 池袋あうるすぽっと杮落し公演『ハロルドとモード』出演
  • アロッタファジャイナ第九回公演『ルドンの黙示』出演 ゲドウ役
  • ハセガワアユム脚本演出 MU『片想い撲滅倶楽部』出演 増川役

etc...

CM[編集]

  • NTT docomo 繋がる携帯
  • アクエリアス ダイエットアクエリアス
  • KDDIメタルプラス
  • 任天堂ポケットモンスター

etc...

スチール[編集]

  • 資生堂
  • 雑誌「GET ON」
  • SUZUKI LAPIN カタログ
  • vodafone 3G
  • docomo カタログ
  • 日本マクドナルド

etc...

脚本・演出作品[編集]

劇団エムキチビートの全ての作品の脚本(一部除く)・演出。

  • 2005.『ロンギヌs』明治大学第二学生会館地下アトリエ(脚本・演出)
  • 2005.『桜花狂咲』明治大学第二学生会館地下アトリエ(脚本・演出)
  • 2006.『明時ディソナンス』阿佐ヶ谷アルシェ(脚本・演出)
  • 2007.『昇鳴蛇 CRY:ME SNAKE』 阿佐ヶ谷アルシェ(脚本・演出)
  • 2007.『夜光星ディスコルーム』参宮橋トランスミッション(脚本・演出)
  • 2008.『Laputa Fall:ラピュータフォール』萬劇場(脚本・演出)
  • 2009.『昇鳴蛇 Cry:me Snake』シアターグリーンBIG TREE THEATER(脚本・演出)
  • 2009.『エレクトリック:サーカス∴デイズ』萬劇場(演出)
  • 2010.『ワールズエンド-フライバイユー-』新宿シアターサンモール(脚本・演出)
  • 2012.『I was Light』新宿シアターサンモール(脚本・演出)
  • 2013.『夜光星ディスコルーム』シアターグリーンBOX in BOX THEATER(脚本・演出)
  • 2014. 『黎明浪漫譚-れいめいロマンティック-』吉祥寺シアター(脚本・演出)
  • 2014.音劇『朱と煤-aka to kuro-』吉祥寺シアター(脚本・演出)
  • 2016.『アイワズライト』紀伊國屋サザンシアター(脚本・演出)
  • 2017.『赫い月』座・高円寺1(脚本・演出)

演出作品[編集]

  • 『ミュージカル 終わりのセラフ』AiiAシアター(演出)
  • 岡田浩暉25周年記念ミュージカルライブ『KOHKI OKADA presents I Love Musical』(2016年2月6日 - 7日、東京グローブ座)
  • 『ミュージカル 魔界王子』(脚色・演出・作詞)
  • PUBLIC∴GARDEN『ハッシャ・バイ』(演出)
  • 『錆色のアーマ』(演出・作詞)

演出助手作品[編集]

  • 2008、虚構の劇団『リアリティ・ショウ』より、同劇団の鴻上尚史の演出助手を務める。

話題の公演やブロードウェイミュージカルまで参加。
代表的なものとして、『アンナ・カレーニナ』(鈴木裕美演出)、『Forever Plaid』(板垣恭一演出)、『海峡の光』(辻仁成演出)、『弱虫ペダルIH編』シリーズ(西田シャトナー演出)、『カルメン』『StarS』(小林香演出)、『アルジャーノンに花束を』(荻田浩一演出)、ミュージカル『DNA-SHARAKU』、『人間風車』(河原雅彦演出)など。