僧坊荘園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
僧坊荘園
著者 コナン・ドイル
発表年 1904年
出典 シャーロック・ホームズの帰還
依頼者 ホプキンズ警部
発生年 1897年
事件 ブラックンストール殺人事件
テンプレートを表示

僧坊荘園」(そうぼうしょうえん、"The Adventure of the Abbey Grange")は、イギリスの小説家、アーサー・コナン・ドイルによる短編小説。シャーロック・ホームズシリーズの一つで、56ある短編小説のうち36番目に発表された作品である。イギリスの『ストランド・マガジン』1904年9月号、アメリカの『コリアーズ・ウィークリー』1904年12月31日号に発表。1905年発行の第3短編集『シャーロック・ホームズの帰還』(The Return of Sherlock Holmes) に収録された[1]

訳者により「アベ農園」「アベイ農場」「修道院屋敷」などの邦題も使用される。正しくは「アビー」でカントリー・ハウスのこと[2]

また、ワトスンはこの話を最後にふたたびホームズに関する執筆をやめるつもりだった事が、「第二の汚点事件」冒頭で語られている。


あらすじ[編集]

1897年の冬、「僧坊荘園」の屋敷でユースタス・ブラックンストール卿が殺害された。ホームズワトスンはホプキンズ警部からの依頼を受け現場に向かうが、現場で彼らを出迎えたホプキンズ警部はブラックンストール卿夫人が意識を回復し、事件についての明瞭な証言を行ったため解決は時間の問題だと語る。

夫人の証言によると、昨夜就寝前に家の中を見回った際、食堂で今まさに押し入ってきた3人組の男と鉢合わせした。彼女は殴り倒され、失神している間に男たちは呼び鈴の紐をちぎって彼女を椅子にしばりつけていた。その時、騒ぎを聞きつけたブラックンストール卿が食堂に現れたが、返り討ちにあったのだという。その後3人は食器棚からワインを取り出し、それぞれがワイングラスを使ってワインを飲んだ後に立ち去ったという。ホプキンズ警部は最近他の場所で目撃されたランドール家の3人組による連続強盗殺人の一つだと推測する。

ホームズは夫人の証言とホプキンズ警部の推測に一旦は納得しベイカー街へと帰ろうとするが、ロンドンへ向かう電車の中で、現場で抱いたかすかな違和感を無視できなくなり、ワトソンを連れて途中下車して事件現場へ舞い戻る。

ホームズは夫人の証言にもあったワイングラスを現場で確認した時に、滓が溜まっていたグラスが1つしか無かった事が不可解だとし、調査を再開する。そして、夫人を椅子にしばりつけていたという紐と、その紐がついていた呼び鈴の付近を入念に調べ、事件の核心を掴む。

脚注[編集]

  1. ^ ジャック・トレイシー『シャーロック・ホームズ大百科事典』日暮雅通訳、河出書房新社、2002年、28頁
  2. ^ 16世紀にヘンリー8世がカトリックと絶縁しイングランド国教会を新たに立てており、この時に接収された修道院