僕のおもちゃ箱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
僕のおもちゃ箱
加藤和彦シングル
初出アルバム『ぼくのそばにおいでよ
B面 明日晴れるか
リリース
規格 シングルレコード
録音 1969年
ジャンル ソフトロック
時間
レーベル EXPRESS
EP-1143
作詞・作曲 北山修、加藤和彦
チャート最高順位
加藤和彦 シングル 年表
- 僕のおもちゃ箱
(1969年)
ネズミ・チュウ・チュウ・ネコ・ニャン・ニャン
(1969年)
ぼくのそばにおいでよ 収録曲
13番街のおもちゃ屋 (SLAUGHTER ON 13TH STREET TOY SHOP)
(12)
僕のおもちゃ箱 (MY TOY BOX)
(13)
テンプレートを表示

僕のおもちゃ箱」(MY TOY BOX)は、1969年4月10日に発売された加藤和彦のソロ名義による1枚目のシングルである。

解説[編集]

「僕のおもちゃ箱」は加藤和彦のソロ・デビューシングルで、加藤によれば、この曲はザ・フォーク・クルセダーズ解散後の進路を決めかねていた頃に作ったもので、確固とした方向性はないものの、フォークルでできなかったことを試みた曲だという[1]。歌詞は北山修が手がけており、加藤は音楽的な傾向としてジミー・ウェッブ[2]グレン・キャンベル[3][4]からの影響を挙げている。一方、カップリング曲「明日晴れるか」の歌詞は阿久悠が担当し、ミュージシャンは「加藤和彦とそのグループ」名義になっている。加藤によれば、「そのグループ」には当時親しい間柄だった木田高介の人脈によるジャズ系のミュージシャンが参加しているという[4]

アートワーク[編集]

カバーには川仁忍が撮影した写真が使用され、歌詞には手書き文字が使われた。また、同じく手書きによる「ジョン動物シリーズその1」[5]と題する加藤作の童話も記載されている。

収録曲[編集]

SIDE A[編集]

  1. 僕のおもちゃ箱 (MY TOY BOX) - (3:25)
    作詞:北山修、作曲:加藤和彦、編曲:ありたあきら

SIDE B[編集]

  1. 明日晴れるか (IT WILL BE FINE TOMORROW) - (3:20)
    作詞:阿久悠、作曲:加藤和彦、編曲:加藤和彦とそのグループ

アルバム収録[編集]

「僕のおもちゃ箱」はレコード会社の意向により、加藤の初のソロ・アルバム『ぼくのそばにおいでよ』に収録されたが、1991年に同アルバムがCD化されたときはボーナス・トラック扱いになっている[6]。「明日晴れるか」は1977年発表の『Catch-22』に初収録されている。

参考文献[編集]

  • 『加藤和彦 ラスト・メッセージ』 松木直也 (聞き手・構成)、文藝春秋、2009年12月。ISBN 978-4-16-372280-1
  • 『ミュージック・マガジン 2009年12月号』 株式会社ミュージック・マガジン、2009年12月。
  • 『加藤和彦 あの素晴しい音をもう一度』 文藝別冊 (編)、河出書房新社、2010年2月。ISBN 978-4-30-997731-7
  • 『エゴ〜加藤和彦、加藤和彦を語る』 前田祥丈 (聞き手・構成)、スペースシャワーネットワーク、2013年7月。ISBN 978-4-90-670088-2

脚注[編集]

  1. ^ 『加藤和彦 ラスト・メッセージ』p.57
  2. ^ 『エゴ〜加藤和彦、加藤和彦を語る』p.96
  3. ^ ミュージック・マガジン』2009年12月号 p.38
  4. ^ a b 『加藤和彦 あの素晴しい音をもう一度』p.67
  5. ^ ジョンとはキングストン・トリオのメンバー、ジョン・ステュワートにちなんだ加藤のペンネームで、加藤は当時「クラブ・ジョン」というファンクラブも運営していた。(アルバム『ぼくのそばにおいでよ』UPCY-7306 小松喜治のライナーノーツより)
  6. ^ ぼくのそばにおいでよ』 (東芝EMI TOCT-6035) 1991年3月20日発売