働かざる者食うべからず

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

働かざる者食うべからず」(はたらかざるものくうべからず、英語: He who does not work, neither shall he eat.)とは、労働に関する慣用句である。

意味[編集]

働こうとしない怠惰な人間は食べることを許されない。食べるためにはまじめに働かなければならないということ。

歴史[編集]

新約聖書の『テサロニケの信徒への手紙二』3章10節には「働きたくないものは食べてはならない」という一節がある。

If any would not work, neither should he eat. 「働こうとしない者は、食べることもしてはならない」

これが「働かざる者食うべからず」という表現で広く知られることとなった。

ソビエト社会主義共和国連邦(現在のロシア連邦)およびソビエト連邦共産党(前身はボリシェヴィキ、現在はロシア連邦共産党)の初代指導者ウラジーミル・レーニンは、同党の機関紙「プラウダ」第17号(1919年1月12日発行)にて論文「競争をどう組織するか?」を寄稿し、「働かざるものは食うべからず」は社会主義の実践的戒律であると述べた。かつて、レーニンがこの言葉を使った際には不労所得で荒稼ぎする資産家達を戒めるためのものであった。その後憲法典では1936年制定のソビエト社会主義共和国連邦憲法スターリン憲法)では第12条にこの表現がある(1991年ソ連崩壊でこの憲法は失効)。

In the USSR work is a duty and a matter of honor for every able-bodied citizen, in accordance with the principle: "He who does not work, neither shall he eat".

「ソ同盟においては、労働は、『働かざる者は食うべからず』の原則によって、労働能力のあるすべての市民の義務であり、名誉である。」

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]


関連項目[編集]