裁判長!ここは懲役4年でどうすか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
傍聴マニアから転送)
移動先: 案内検索
漫画:裁判長!ここは懲役4年でどうすか
原作・原案など 北尾トロ
作画 松橋犬輔
出版社 新潮社
掲載誌 週刊コミックバンチ(2007年-2010年8月)
月刊コミックゼノン(2010年10月-)
レーベル BUNCH COMICS
発表期間 2007年40号 - 2010年35号
巻数 全13巻
テンプレート - ノート

裁判長!ここは懲役4年でどうすか』(さいばんちょう!ここはちょうえき4ねんでどうすか)は、北尾トロによる日本エッセイ作品である。またはそれを原作とした日本の漫画、ドラマ、映画である。本項目では『裁判長!これで執行猶予は甘くないすか』(さいばんちょう!これでしっこうゆうよはあまくないすか)についても併せて記述する。

概要[編集]

殺人・強盗・覚醒剤など、法廷内ではさまざまな人間模様が繰り広げられる。実際に著者が東京地裁で傍聴した裁判の中から、印象深かったものをピックアップしたエッセイが鉄人社の雑誌『裏モノJAPAN』で連載された。それらをまとめた単行本が2003年に書籍化された。2007年には、続編となる『裁判長!これで執行猶予は甘くないすか』が出版された。

エッセイを原作とした漫画が松橋犬輔の作画により、新潮社漫画雑誌週刊コミックバンチ』で2007年40号より2010年35号まで連載された。2010年10月に創刊された『月刊コミックゼノン』(徳間書店)にその場を移し、『裁判長!ここは懲役4年でどうすか ぼくに死刑と言えるのか』のタイトルで、引き続き連載をしている。また、作画を担当している松橋の実弟が2009年9月2日に児童福祉法違反と売春防止法違反の罪で逮捕されたことにより、その裁判の模様が2011年3月号から7月号に渡り特別編として『裁判長!ぼくの弟 懲役4年でどうすか』と銘打って描かれた。なお、判決が出た後の弟と松橋家の様子は、同タイトルの単行本にエピローグ『その後の弟』として描き下ろされている。

2009年10月から12月まで、向井理主演でテレビドラマ化された。2010年バナナマン設楽統主演で映画化され、同年11月6日より公開された。2012年1月、塩谷瞬主演で舞台化され、上演された。

登場人物[編集]

以下の登場人物は漫画のもの。

北尾太郎
28歳。エアコンの営業マン。ふとしたことから裁判傍聴の虜になる。
美和
女子大生。中学生の時にある事件の傍聴をしたことがきっかけとなり、検事を目指している。
舞岡さゆみ
太郎の大学時代の後輩。当初は傍聴することに抵抗を感じていたが、初めての傍聴でその考えを改め、傍聴仲間となる。
シゲさん
ベテランの傍聴マニア。過去の事件の資料や新聞の切り抜きをカバンに詰めて持ち歩いている。傍聴初心者だった太郎に傍聴のコツをいろいろ手ほどきする。
川崎鉄平
美和と同じ法律サークルの後輩。被告人の名前のかわいらしさや傍聴人の容姿を基準に傍聴する裁判を選択するなど、女性目当て。
千原ジュニア
第4巻で作画の松原との対談が収録された後、第5巻の一エピソードに傍聴者として本人役で登場。また、同話は千原ジュニアが実際に体験した傍聴エピソードを元としている。

書籍[編集]

エッセイ[編集]

裁判長!ここは懲役4年でどうすか
単行本のタイトルは「裁判長!ここは懲役4年でどうすか―100の空論より一度のナマ傍聴」。
裁判長!これで執行猶予は甘くないすか

漫画[編集]

テレビドラマ[編集]

傍聴マニア09
〜裁判長!ここは懲役4年でどうすか〜
ジャンル テレビドラマ
放送時間 木曜日23:58 - 24:38(40分)
放送期間 2009年10月22日 - 12月24日(10回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 読売テレビ
企画 佐野達也
演出 佐野達也
本田隆一
仁木啓介(テレビマンユニオン)
原作 松橋犬輔北尾トロ
「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」
脚本 田村孝裕
山岡真介
プロデューサー 岡本浩一
杉田浩光(テレビマンユニオン)
小林みつこ(テレビマンユニオン)
出演者 向井理
南明奈
六角精児
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
データ放送 番組連動データ放送
エンディング NICO Touches the Walls
かけら -総べての想いたちへ-
外部リンク 公式サイト

特記事項:
COURT-01・10:30分遅延(24:28 - 25:08)
COURT-03:15分遅延(24:13 - 24:53)
COURT-05・09:10分遅延(24:08 - 24:48)
テンプレートを表示

傍聴マニア09〜裁判長!ここは懲役4年でどうすか〜』(ぼうちょうマニアぜろきゅう - )は、2009年10月22日より12月24日まで毎週木曜日23:58 - 翌0:38に、読売テレビ制作・日本テレビ系列の「木曜ナイトドラマ」枠で放送された。向井理は、本作が連続ドラマ初主演となる。今作では一話完結形式に戻り、話数は「COURT-○(COURTは「法廷、裁判」の意味)」と表記される。

キャッチコピーは「裁判長! ぼくたち、ここまで夢中になっていいすか?[1]」。

なお、原作の漫画とは登場人物の名前や設定が一部異なる他、舞岡さゆみ・川崎鉄平に相当する役は登場しない[2]

2010年3月19日にDVD-BOXが発売された。

キャスト[編集]

傍聴マニア[編集]

北森夫(きた もりお)〈27〉
演 - 向井理
長野県出身[3]。高校卒業後に上京し、サラリーマンをしていたがクビになり、現在はフリーター。ひょんなことから傍聴の魅力にとりつかれ、裁判を通して自分の生き方を顧みることもある。鶴見の妻・由貴に人の不幸を見るのがそんなに楽しいのかと言われたため、傍聴をやめる決意をした矢先、早川の裁判で裁判員に選ばれる(裁判員5番)。美和と山野と和解した後、業務用エアコンのメンテナンス会社・栄進テックに再就職。3年後には主任となり、仕事の傍ら、傍聴を続けている。原作の北尾太郎に相当する。
織田美和(おだ みわ)〈21〉
演 - 南明奈
法学部の大学生。高校生の時、小さい頃から仲良くしてくれた蒲田夫妻が犠牲となった強盗殺人事件の真実を知るために、親戚の勧めで裁判を傍聴した際、被告である根岸の嘘を看破した星川を見て、彼女のような検察官を目指すようになる(この時、当時司法試験合格を目指していた山野とも出会っている)。女性関係者や性的事件に興奮する北や山野の頭を模範六法で殴ることがしばしば。3年後に検事となり、星川の下で仕事をしている。原作の美和に相当する。
山野鳥夫(やまの とりお)〈45〉
演 - 六角精児
通称・ヤマさん。四半世紀傍聴している傍聴オタクで、女性の検事や被告にコメントをつけたり、性的な事件に偏った感想を抱くなど多少エロい面がある。子供の頃から神童と呼ばれ、中学・高校時代は成績がずっとトップだった(中学時代のあだ名は「練馬聖徳太子」)。大学を首席で卒業してからは、弁護士を目指し司法試験を10年間受験したが合格しなかった。村田弁護士とは司法試験に向けて勉強していた頃からの旧知の仲である。甘いものが好き。原作のシゲさんに相当する。

東京地方検察庁・検事[編集]

  • 星川梨沙子 - 吉田羊(COURT-01・04・05・07・09・10)
    「地裁のクールビューティー」と呼ばれるやり手の美人検事。
  • 曽根検事 - 野本光一郎(COURT-01・02)
  • 迫田真一 - 佐伯新(COURT-03・06)
  • 赤羽徹 - ふるごおり雅浩(COURT-03)
  • 加賀見智也 - 斎藤歩(COURT-08)
  • 検事 - 原田治(COURT-08・10)

東京地方裁判所・裁判官[編集]

弁護士[編集]

純喫茶オシラス[編集]

ゲスト[編集]

COURT-01 「強制わいせつ罪のリアル」
COURT-02 「不倫OL恐喝事件の真相」
COURT-03 「キャバ嬢ストーカー裁判」
COURT-04 「人気スター覚せい剤裁判」
COURT-05 「美人医大生謎の猟奇殺人」
COURT-06 「黙秘する殺人犯は同級生」
COURT-07 「運命を変えた裁判」
COURT-08 「法廷中が涙した究極愛」
COURT-09 「援助交際が生んだ悲劇」
COURT-10 「裁判員も傍聴もやめる!」

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

COURT 放送日 サブタイトル 被告人 被害者 脚本 演出
01 2009年10月22日 強制わいせつ罪のリアル 白石透 町田和代 田村孝裕 佐野達也
木村正信 遠山愛
02 2009年10月29日 不倫OL恐喝事件の真相 松田誠子
進藤カレン
姫野由紀
山田恵 生徒A
三崎カオリ 逗子信彦
03 2009年11月05日 キャバ嬢ストーカー裁判 田浦進一 水谷桃花 本田隆一
04 2009年11月12日 人気スター覚せい剤裁判 宮崎勇 山岡真介
田中五郎
05 2009年11月19日 美人医大生謎の猟奇殺人 芹沢夕実 生田はるか 仁木啓介
06 2009年11月26日 黙秘する殺人犯は同級生 右田玲 狭山知樹 田村孝裕 本田隆一
07 2009年12月03日 運命を変えた裁判 久保貴史 瑛美 山岡真介 仁木啓介
根岸徹 蒲田弘明
蒲田益恵
08 2009年12月10日 法廷中が涙した究極愛 中野俊也 田村孝裕 本田隆一
小倉栄次
根府川省造 根府川雅子
09 2009年12月17日 援助交際が生んだ悲劇 鶴見康志 女子高生A 仁木啓介
10 2009年12月24日 裁判員も傍聴もやめる! 早川勝 井口健三 本田隆一

スピンオフドラマ『検察官・星川梨沙子 最大の危機』[編集]

公式サイトで配信されているスピンオフドラマ。星川を主人公としているが、北・美和・山野は登場しない。

あらすじ[編集]

住居不法侵入の被告人・長崎を追及する星川だが、あることがキッカケで長崎に嘘つき呼ばわりされてしまう。星川はこの窮地をどう乗り切るのか?

キャスト(スピンオフ)[編集]

  • 星川梨沙子 - 吉田羊
  • 松戸裁判官 - 野元学二
  • 長崎徳夫 - 伊藤竜也

スタッフ(スピンオフ)[編集]

  • 原作 - 松橋犬輔・北尾トロ「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」(新潮社・週刊コミックバンチ)
  • 脚本 - 山岡真介
  • 音楽 - 松本晃彦
  • チーフプロデューサー - 田中壽一
  • 演出・プロデューサー - 岡本浩一
  • 制作プロダクション - テレビマンユニオン
  • 制作 - ytv
読売テレビ 木曜ナイトドラマ
前番組 番組名 次番組
猿ロック
(2009年7月23日 - 10月15日)
傍聴マニア09
〜裁判長!ここは懲役4年でどうすか〜
(2009年10月22日 - 12月24日)
連続ドラマ小説 木下部長とボク
(2010年1月14日 - 4月1日)

映画[編集]

裁判長!ここは懲役4年でどうすか
監督 豊島圭介
脚本 アサダアツシ
出演者 設楽統バナナマン
片瀬那奈
竹財輝之助
日村勇紀(バナナマン)
音楽 スキャット後藤
主題歌 BARBEE BOYS
「ごめんなさい」
撮影 木村信也
編集 相良直一郎
配給 ゼアリズエンタープライズ
公開 日本の旗 2010年11月6日
上映時間 95分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

裁判長!ここは懲役4年でどうすか』は、2010年11月6日に公開された日本映画。漫画を原作としたテレビドラマ版とは異なり、エッセイを原作としている。設楽統は本作が映画初主演となる。相方の日村勇紀も映画に出演する他、スピンオフドラマ『裁判長!トイレ行ってきていいすか』で初主演する[4]

キャッチコピーは「傍聴、無料。立ち見、不可。

キャスト(映画)[編集]

  • 南波タモツ - 設楽統バナナマン)…ライター。須藤に依頼されて、裁判傍聴をする羽目になる。一度だけ最初に書いた裁判モノの映画の脚本でヒットした事があるが、それ以降はコンビニに置いてあるようなエロ雑誌のライターをしている。クールな性格で、客観的に人を見れる。一応ライターなだけあって、雑学も詳しい。流されやすい部分もあり、傍聴マニアの集いに参加したり、キャバクラに行くなどアクティブだが、基本的に面倒な事は嫌いであり、まだまだ傍聴マニアとは言えず、さらにマリリンに傍聴を注意された事でしばらく傍聴を辞める。しかし西村のある事がきっかけで奮起する。
  • 長谷部真理 - 片瀬那奈…マリリンと呼ばれる裁判官。美人だがどSな部分があり、裁判を見た南波ですらドキッとして心を奪われた。「実際にSMクラブの女王様として働いている」と噂があり、たまたま南波が長谷部を見かけて追いかけたところ、本当にSMクラブに入って行き、驚くも、実際はとある事情があり、どSな性格も、そのことから来ていることを南波が知る。
  • 西村幸吉 - 螢雪次朗…傍聴マニア。「ウォッチメン」の最年長で10年ほど傍聴している。特にこだわりはないが、ある夢があるため傍聴を続けている。とても絵が上手く、記事などをスクラップしている。
  • 谷川哲也 - 村上航…傍聴マニア「ウォッチメン」のメンバー。裁判官マニアであり、裁判長に詳しい。メガネをかけており、酔っ払うとハイテンションになるうざキャラだが、普段はインテリっぽい風貌でスーツ。弁護士も詳しい
  • 永田邦明 - 尾上寛之…傍聴マニア「ウォッチメン」のメンバー。赤いパーカーを愛用し、茶髪気味で30代過ぎあたり。チャラチャラしてそうだが、発言はまとも。女好きで、裁判所に関わる女性なら加害者でもイラスト付きでメモしている。
  • 須藤光子 - 鈴木砂羽…映画プロデューサー。昔南波が担当した映画が好きで「裁判員制度が始まった今年から裁判の映画が増える」と予測し、南波に脚本を依頼する。仕事はなかなか出来るタイプで、前年にプロデュースした映画二本はそこそこヒットした。基本のテーマは「愛と感動」でいかにも夢見がちな女性が好きそうな作品を好む。リアクションが大きすぎて、南波が心の中で「この人バカなんじゃねぇの?」と思うほど。

402号法廷[編集]

529号法廷[編集]

302法廷[編集]

529号法廷[編集]

666号法廷[編集]

529号法廷[編集]

402号法廷[編集]

302号法廷[編集]

簡易裁判所・302号法廷[編集]

  • 滝沢検察官 - 廻飛雄
  • 村田弁護士 - 黒田俊幸(ダブルブッキング)
  • 宮武被告 - 飯田孝男

×××号法廷[編集]

533号法廷[編集]

637号法廷[編集]

高等裁判所[編集]

裁判所の気になる人物[編集]

タモツの仲間たち[編集]

スタッフ(映画)[編集]

DVD(映画)[編集]

  • 裁判長!ここは懲役4年でどうすか(アニプレックス、2011年5月25日発売)
  • 裁判長!トイレ行ってきていいすか(アニプレックス、2010年10月27日発売)

舞台[編集]

裁判長! ここは懲役4年でどうすか The Stage(- ザ・ステージ)』のタイトルで、2012年1月25日から29日まで全労済ホールスペース・ゼロで上演された。

2012年4月25日にDVDが発売される予定だったが、発送直前に製品の不備が見つかり、発売延期となった。 2012年8月13日に発売中止がオフィシャルブログにて発表された。

キャスト(舞台)[編集]

スタッフ(舞台)[編集]

  • 原作:北尾トロ「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」(鉄人社 / 新潮文庫)
  • 演出・脚本:舘川範雄
  • 演出助手:平子悟
  • 演出補佐:佐藤直樹
  • 舞台監督:小林武
  • 音響:川西秀一
  • 照明:百々恵生
  • 美術:島川とおる
  • 衣装:松竹衣裳
  • ヘアメイク:瀬戸智賀子
  • 音楽:あいあい、林清
  • 稽古場司会:飯尾和樹
  • プロデューサー:林清、藤崎淳
  • 企画・制作・主催:バードランドミュージックエンタテインメント、アクロス エンタテインメント

脚注[編集]

  1. ^ COURT-01放送直前の時点では「裁判長! ぼくたち、タダでここまで楽しんじゃっていいすか?」だった。
  2. ^ ただし、山野鳥夫のキャラクターには「おもに女性被告人や女性検事(特に美女)の裁判を傍聴する」という設定が組み込まれている。
  3. ^ COURT-06・高校の卒業アルバム表紙より。
  4. ^ スポーツ報知 (2010年1月9日). “バナナマン・設楽、映画初主演…初夏公開「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」”. 2010年2月2日閲覧。

外部リンク[編集]