巨細胞性動脈炎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
側頭動脈炎から転送)
移動先: 案内検索
巨細胞性動脈炎
Gray508.png
顔面と頭蓋の動脈
分類および外部参照情報
ICD-10 M31.5-M31.6
ICD-9-CM 446.5
OMIM 187360
DiseasesDB 12938
eMedicine neuro/592
Patient UK 巨細胞性動脈炎
MeSH D013700

巨細胞性動脈炎(きょさいぼうせいどうみゃくえん、: Giant-cell arteritis;GCA)は、リウマチ関連疾患の1つ。側頭動脈炎(そくとうどうみゃくえん (: temporal arteritis)とも呼ばれていたが、血管炎の名称を定める国際基準CHCCの2012年改訂で現在の名前となった[1]

病因[編集]

詳細な原因は不明である。

症状[編集]

  • 側頭動脈の自発痛
  • 浅側頭動脈・後頭動脈の腫脹・硬化・圧痛・脈拍微弱/缺如、
  • 拍動性の頭痛
  • 発熱
  • 視野欠損、失明
  • 間歇性顎跛行 (jaw claudication; 食べ物を噛むときに頬に痛みがある。噛むことにより血流が不足するため。特異度が高い)
  • 体重減少

などを認める。

検査[編集]

赤血球沈降速度 (ESR) 上昇、CRP増加、白血球数増加などが認められる。 眼底での動脈炎から失明を来たすことがあるため、眼底検査や眼科医の診察を受ける必要がある。 側頭動脈の生検が診断を下すうえで重要である。

  • 超音波断層走査で側頭動脈、後頭動脈または滑車上動脈に低エコーの同心性血管壁肥厚(halo)が認められる。
  • 典型例ではCRP ≧5mg/dL, ESR ≧50mm/1hr

分類基準[編集]

アメリカ・リウマチ学会(ACR) 1990年

  1. 発病年齢 50歳以上: 臨床徴候の出現が50歳以上
  2. 頭痛: 新たに出現し、新しい性質の頭部に限局した疼痛(片頭痛などと鑑別できる)
  3. 側頭動脈の異常: 側頭動脈の圧痛・拍動の低下
  4. 赤沈亢進: 赤沈(ESR) 50mm/hr以上
  5. 動脈生検異常所見: 単核球細胞浸潤あるいは多型核巨細胞をもつ肉芽腫性病変

以上の5項目のうち3項目を満足した場合を側頭動脈炎と診断する。

治療[編集]

ステロイドが奏効する。ただし15mg/dayの少量ステロイドでよいリウマチ性多発筋痛症と違い、側頭動脈炎ではプレドニゾロン40~60mg/dayの高用量を用いる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]