健軍神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
健軍神社
Kengunjinjya-shrine premises 1.jpg
所在地 熊本県熊本市東区健軍本町13-1
位置 北緯32度47分05.47秒
東経130度45分19.1秒
座標: 北緯32度47分05.47秒 東経130度45分19.1秒
主祭神 健軍大神・健磐龍命
社格 旧郷社
創建 伝欽明天皇19年(558年)
本殿の様式 流造
札所等 阿蘇四社
例祭 8月7日
テンプレートを表示
健軍神社の位置(熊本県内)
健軍神社
健軍神社
健軍神社の位置

健軍神社(けんぐんじんじゃ)は、熊本県熊本市東区にある神社である。阿蘇神社阿蘇市)、甲佐神社(こうさじんじゃ、甲佐町)、郡浦神社(こうのうらじんじゃ、宇城市)と共に阿蘇四社とも称せられる。

祭神[編集]

健磐龍命天御中主神、仲津彦神、仲津姫神、神渟名川耳命(綏靖天皇)、阿蘇津姫命、草部吉見神、速甕玉命、彦御子命、比咩御子命、新彦命、若比咩命、若比古命、新比売命、弥比咩命等を祀るが(天御中主神、仲津彦神、仲津姫神の3柱以外は全て阿蘇神社祭神)、もともとは境内にある国造社の神、火(肥)国造 の祖である健緒組(たけおくみ。健緒純にも作る)と見る説もある[1]。健緒組は『肥前国風土記』や『肥後国風土記』逸文によれば景行天皇の時代に肥(火)君(ひのきみ)を賜ったといい、『国造本紀』によれば崇神天皇朝に火国造に定められたという[2]

由緒[編集]

熊本市内で最古の神社と言われている[3]。社伝によれば欽明天皇19年(558年)に阿蘇神社の大宮司が同神社を勧請して創祀し、異賊征伐の為に社号を「健軍」と称したといい、後に阿蘇四社の一として阿蘇神社の別宮とされた。

初め「健軍宮(たけみやぐう)」や健軍村竹宮(たけみや)と呼ばれ、または十二社大明神とも称せられて、健軍荘(たけみやしょう)(現在の日赤病院周辺や小峯や新外、江津湖周辺の広い地域)の産土神社であった。

明治6年(1873年)に郷社に列し、昭和以降「たけみや」が「けんぐん」と音読されるようになり、地域名も託麻郡健軍村から熊本市健軍町となった。地域の基礎とも言える神社である。

境内社[編集]

  • 雨宮神社 - 雨宮大神
  • 美和神社 - 大物主大神、三穂津姫命、事代主命、猿田彦大神
  • 国造神社 - 速瓶玉命
  • 日吉神社 - 大山咋命、若山咋命
  • 天社神社 - 道君首名公 (おぶとさんの愛称)
  • 矢城神社 - 矢城山の山神、稲荷大明神、青龍龍神

文化財[編集]

(括弧内は種別と指定年月日)

熊本県指定[編集]

  • 肥後神楽(無形民俗文化財、昭和35年4月22日)

熊本市指定[編集]

  • 杉馬場(史跡、昭和43年8月13日)
  • 境内(史跡、昭和47年12月13日)

交通[編集]

バス[編集]

鉄道[編集]

いずれも熊本市電の停留場。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 熊本市、「健軍神社境内」(熊本市の文化財)。
  2. ^ 『国造本紀』は「遅男江命」に作るが、「遅男江」は「建(ママ)緒組」の誤写と思われる(岩波日本古典文学大系本『風土記』頭註)。
  3. ^ 鈴木喬『熊本の神社と寺院』熊本日日新聞社、1980、26頁

関連図書[編集]

  • 熊本日日新聞編纂・発行『熊本県大百科事典』、1982、319頁
  • 高木盛義『くまもと史跡散歩』熊本新評社、1982、229-234頁
  • 日本歴史地名大系44『熊本県の地名』平凡社、1985年、553-554頁
  • 角川日本地名大辞典編纂委員会編『角川日本地名大辞典43 熊本県』角川書店、1987年、450-451頁
  • 阿蘇惟之編『阿蘇神社』学生社、2007、44-45頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]